• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 神奈川
  • 湘南工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 堀越 力教授(ユーザインタフェース、バーチャルリアリティ、3次元画像処理)

こんな先生・教授から学べます

より自然でリアルな仮想空間を創り上げる先生

ユーザインタフェース、バーチャルリアリティ、3次元画像処理
工学部 情報工学科
堀越 力教授
先生の取組み内容

近年、人気の高いVR分野ですが、そのVRシステムと人をつなぐユーザインタフェースの研究開発を行っています。そのひとつが、トレーニングを目的としたユーザインタフェースデバイスの技術開発です。サーフィンや自動車・バイクのドライビングシミュレータを自作しながら、サーフボードに乗った時の身体の動き、車のエンジンの振動などの情報をどう再現するかを追究しています。こうしたVRシステムを使えば、部屋の中にいてもサーフィンの練習が可能になり、ケガをしたアスリートのリハビリにも応用できるかもしれません。また、より現実に近い仮想空間を創り出すために、仮想空間で触ったモノの触感や温度を伝えるデバイスの開発も行っています。ゲームの世界で撫でた犬の体温を感じられる…そんな、より自然でリアルな仮想空間の実現を目指しています。

XRメディア研究センターにある、自動車やバイクのドライビングシミュレータ

授業・ゼミの雰囲気

大学祭でVR・ARアプリの体験デモ展示を実施。トライ&エラーを繰り返しながら問題解決能力を養います

2年次から研究活動を始められる「学科横断型学修プログラム」のXRメディアコースで指導にあたっている堀越先生。このコースの学生は、XRメディア研究センターにあるさまざまなVRデバイスを自由に使ってXRアプリ開発やデバイス開発に取り組みます。毎年3・4人でチームを組んでゲーム制作に挑戦し、その成果を発表する場として大学祭での体験デモ・展示も実施。教員はあくまでコーチという立場で、プログラミングや3DCGなどの技術を使ってどうアプローチしていくか、学生が自分で考えて問題解決していく過程を大切にしています。

展示会場は毎年大賑わい。自分で作ったシステムを来場者が楽しむ姿は、達成感や自信につながります

キミへのメッセージ

チームの仲間と好きなことに取り組み、夢を実現する楽しさを実感してほしい

アニメやSF映画、ゲームの世界では、自由に空を飛んだり、変身することも出来ます。こうした世界を夢物語として諦める必要はありません。VRを使ってそういった仮想の世界を自分の手で実現してみましょう。

SF・アクション系の映画が好きだという堀越先生。大学祭の後は学生らとBBQで打ち上げをするのが恒例だそう

堀越 力教授

専門:ユーザインタフェース、バーチャルリアリティ、3次元画像処理
慶應義塾大学理工学部修士課程修了。1987年日本電信電話株式会社入社。その後、NTTデータ技術開発本部、NTTドコモ先進技術研究所を経て、2014年より現職。現状の枠に捉われず人と人が自然にコミュニケーションを取るには、どのようなインタフェース技術が必要かを研究している。現在の研究テーマは、現実空間と仮想空間をつなぐインタフェース技術に関する研究。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

湘南工科大学(私立大学/神奈川)
RECRUIT