• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 上智大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部

私立大学/東京

ジョウチダイガク

理工学部

学問領域を有機的に関連づけた学びを生かし、人と地球のための新時代を創る科学技術者・研究者

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    環境科学の「環境」とは、地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、私たちを取り巻くあらゆる環境を指します。従って環境科学では、工学、化学、経済や法といったあらゆる観点から環境を検討し、快適で持続可能な社会の構築を目指してさまざまな問題の解決に取り組みます。大学によって、ある程度専門分野がしぼられているところと、幅広く環境科学について学ぶところとに分かれます。1年次には環境科学の概要をつかみ、2年次以降は、フィールドワークなどもしながら、実践的に研究手法を学び、環境に関する知識を養っていきます。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

bug fix
bug fix

募集学科・コース

物質生命理工学科

機能創造理工学科

情報理工学科

キャンパスライフShot

上智大学 物質生命理工学科実験風景/物質の構成要素にさかのぼり自然の「構造」を段階的に解明。
物質生命理工学科実験風景/物質の構成要素にさかのぼり自然の「構造」を段階的に解明。
上智大学 機能創造理工学科実験風景/熱・流体・電気・原子力エネルギーの効果的な利用法を追究。
機能創造理工学科実験風景/熱・流体・電気・原子力エネルギーの効果的な利用法を追究。
上智大学 情報理工学科実験風景/多様な分析・考察を可能にする情報科学を研究し社会に役立てる。
情報理工学科実験風景/多様な分析・考察を可能にする情報科学を研究し社会に役立てる。

学部の特長

学ぶ内容

物質生命理工学科
従来の物理学、化学、生物学、環境、材料の分野を包括的・複合的に融合することにより、原子から高分子、そして生命現象にわたる物質の基礎を理解していきます。そして新たな物質の創成・技術開発を通して人間・社会に貢献できる、自然と融和した新しい物質観と生命観を身につけた人材を育成します。
機能創造理工学科
伝統ある少人数教育・きめ細かい指導体制はそのままに、自然科学の基礎を全員がしっかり身につけます。その上で、専門科目としての機械工学、電気・電子工学、物理学などを、学生が選択しながら学習。数学や物理学を土台とした電気・電子工学や機械工学を、一体化したカリキュラムが特徴です。
情報理工学科
新体制の理工学部が掲げる「人間・環境・情報をキーワードにした人間・環境支援型理工学融合教育」に則り、計算機科学、人間情報学、電子情報学、数理情報学を基礎とし、人文・社会科学との学際的な融合を図った教育を展開します。“情報”を通して人間と社会に対して深い理解を持つ、創造力豊かな人材の育成をめざします。

学部のプロフィール

学部の特色
「物質生命理工学科」「機能創造理工学科」「情報理工学科」の3学科体制で、従来型の伝統的知識体系を生かしつつ、「人間・環境支援型」をテーマに「複合知」を習得。自由に、自発的に学び、現代社会が問いかける複雑な課題に挑戦できる研究者・技術者を育成。
◆理工学融合教育 「探求する-理学」「実現する-工学」「活用する-支援」を一体化した本学ならではの「理工学融合教育」を実現します。そのため、3学科の垣根はできるだけ低くし、急速な変貌を遂げている科学技術、多様化する社会に適応できる力を養います。
◆充実した基礎教育と少人数教育 1・2年次の必修科目は3学科共通。実験、演習などを充実させ、「対象」および「教員」とのふれあいに重点が置かれた少人数教育を実践します。
◆履修ナビゲーション 「複合知」を体系的に習得するため、マンツーマンで履修計画の相談ができる体制を整備。
◆充実した英語教育 全学部共通科目の英語の授業は能力別のクラスで行われます。さらに、学部のカリキュラムとして、「科学技術英語」を用意。系統的に科学技術英語を学ぶことにより、国際競争力のある科学技術者の養成を図ります。

入試・出願

就職率・卒業後の進路 

■2018年3月卒業生就職実績
資生堂、アステラス製薬、オリンパス、本田技研工業、日立ソリューションズ、NTTデータ、KDDI、豊田通商、みずほフィナンシャルグループ、大和証券、野村総合研究所 他
■卒業後の進路
学科によりばらつきはありますが、大学院への進学率は年々増加しており、約半数が進学しています。就職先は一般企業や教員など多岐にわたり、学校推薦、教授推薦もあります。

問い合わせ先・所在地

〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
03-3238-3167

所在地 アクセス 地図・路線案内
四谷キャンパス : 東京都千代田区紀尾井町7-1 「四ツ谷」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


上智大学(私立大学/東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る