• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 城西大学
  • 先生・教授一覧
  • 勝浦 信幸 客員教授(経済学)

私立大学/埼玉・東京

ジョウサイダイガク

こんな先生・教授から学べます

持続可能なまちづくりとは何かを探求する先生

経済学
経済学部 経済学科
勝浦 信幸 客員教授
先生の取組み内容

私のゼミでは、地域の人々が安心して暮らせるための創造的地域経営に関する取り組みを行っており、そのひとつが地域のイベント「つるがしマルシェ」です。このイベントは、学生たちがフィールドワークで出会った、日系ブラジル人との対話から生まれました。彼の「地域の人々との間に感じる壁は、実は自分たちも地域に溶け込んでいないからではないか」との言葉から、私たちは、国籍や人種を問わず、地域の方々が互いに理解し合える場所をつくりたいと考え、飲食ブース、音楽、ワークショップなど、幅広い年齢層の人々が参加できる催し物を企画。毎年、紆余曲折を重ねながらも成功を収め、本年度は5回目を迎えます。学生たちが主体となって、行政や団体、地域の方々のもとに直接伺い、さまざまな課題を見つけ、その解決策を探りながらすすめています。

国や年齢を超えて交流を持つことで、お互いを思いやること、協力して共に生きることの大切さがわかります

授業・ゼミの雰囲気

失敗を恐れず、まずはやってみる!そんな経験を重ねるごとに、積極性・計画性も養われます

「つるがしマルシェ」は、大学外のさまざまな人々と交流を持ちながらすすめていくため、大変なことがたくさんあります。たとえば資金集めのために企業に出向いても、準備不足でいい結果が得られないことも少なくありません。しかし、そうした失敗が糧となって、次の成功にもつながっています。「イベントの手伝いだけではなく、実行委員として関わると、皆本当に成長しますよ。こうした経験から将来の目標を見い出し、卒業後は地元に役立つ仕事がしたいと、公務員や地域密着型の仕事を目指す学生も年々増えています」(勝浦教授)

「つるがしマルシェ」は、テレビの取材も受けるほどの注目のイベントに成長

キミへのメッセージ

人任せにせず、自分の身になって考える思考力は、必ず将来の糧になります

自分が住む地域の問題に少しでも関心を持ちましょう。災害や犯罪などの大きな問題だけでなく、たとえば些細な問題でも人ごととは考えずに、自分ならどうするかと考えるようにすると、ものの見方も変わってきますよ。

授業やイベント以外でも、食事会や球技大会などを通して、学生たちと頻繁に交流している

勝浦 信幸 客員教授

研究分野:ソーシャル・マネジメント、創造的地域経営、協働によるまちづくり
略歴:明治大学法学部卒。放送大学大学院文化科学研究科(政策経営PG)修了(学術修士)。鶴ヶ島市役所勤務を経て、2013年4月より現職。「地域におけるさまざまな問題は、行政のみでは解決できず、地域の人々や各種団体の力が欠かせません。これからの公務員は、地域のコーディネーター的スキルが必須。そうした力を持つ学生を育てていきたいですね」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

城西大学(私立大学/埼玉・東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路