• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 常葉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 渡邉 佳代子さん(教育学部 初等教育課程/中学校教諭)

私立大学/静岡

トコハダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

自分が成長できるを大事に

中学校教諭  として働く  渡邉 佳代子さん  にインタビュー!

  • 公務員業界
  • 教育業界
  • 公務員
  • 実験したり調べたりするのが好き
  • mixiチェック
インタビュー

一回りも二回りも成長する生徒たちの姿に感動する日々

この仕事の魅力・やりがい

 中学生は心の変化が激しい時期。だから、教員の何気ない一言や行動が大きな影響を与えます。顧問をしている女子バスケ部に、自分本位でプレーをしてしまう生徒がいました。私が「もっとチームメイトを信頼しなよ」と声を掛けたところ、態度やプレーへの取り組み方が一変。チーム全体の雰囲気を盛り上げる、ムードメーカー的な存在へと成長しました。また、その生徒から「普段の学校生活でも、仲が良くなかった子に自分から積極的に話しかけることができるようになった」という言葉をもらうことができました。その言葉は今でも私の大切な宝物です。中学校の教員は生徒たちの成長に携われる感動のある仕事だと思います。

中学校教諭として働く渡邉 佳代子さん

失敗を恐れず、チャレンジすることを心掛けています

中学校教諭として働く渡邉 佳代子さん
今の仕事との出会い・きっかけ

学生時代の経験を活かして女子バスケ部顧問に

今の仕事との出会い・きっかけ

 両親がともに中学校の教員なので、幼い頃からこの仕事を身近に感じていました。「大変な仕事だよ」と笑顔で語るふたりの姿は強く印象に残っていますね。実際に、中学校の教員を目指そうと思ったのは高校時代。クラスメイトの中に、母が勤務している学校出身の生徒がいて、「すごくいい先生だった」という話を聞いてから。教員という仕事は、誰かの心に残るものなんだと実感し、私自身もなることを決心しました。その後、大学では理科研究部に所属。幼児や小学生を対象に科学実験教室のボランティアを行い、教育実習以外にも子どもたちの前で授業をすることに積極的に取り組んでいました。そこでの学びは今も授業や教材研究に活きています。

後輩への応援&アドバイス

渡邉先生オリジナルの教材

後輩への応援&アドバイス

 私が教員として意識していることは、生徒と同じ視線に立つこと。教員という立場上、どうしても厳しいことを言わないといけないときがあります。そういうときは、生徒の気持ちに寄り添ってから、アドバイスをすることが大切。キャリアの長い先生はやっぱり言葉も上手で重みもありますが、経験が少ないなりにもできることはあります。授業に関しては、教材研究などの準備に力を入れることが重要です。私は授業をどう進めていくかをノートに記入してから、毎回授業に臨んでいます。失敗などもしっかり書き留めておくことで、より良い授業へとつなげていますね。また、生徒たちの理解を高めるためにオリジナルの教材をつくることもあるんですよ。

プロフィール

渡邉 佳代子さん のプロフィール

松崎町立松崎中学校 勤務/教育学部 初等教育過程 理科専攻/2012年3月卒/担当課目は理科。2年生のクラスを担当する傍ら、女子バスケットボール部の顧問も担当。同時に、特別活動主任も務める。最初は小学校の教員を目指していたが、大学時代の恩師から「中学校の教員の方が向いている」と言われたことをきっかけに、中学校の教員を目指すように。分かると言われる授業を行うことが永遠の目標だと語る渡邉さん。「今日の授業、分かった!」や「楽しかった!」など生徒からの嬉しい声を聞くため、教員になってからも勉強が欠かせないそう。

この先輩が卒業したのは…

常葉大学 教育学部 初等教育課程

学校イメージ

 初等教育に必要な全9教科を学習。各年次に合わせた独自の演習・実習科目で段階的に教員を目指すことができます。さらに、国語・社会・数学・理科・音楽の5専攻を専門的に学ぶことができ、中学校・高等学校の教員免許状取得も可能です。希望者は「特別支援学校教諭免許状」や「幼稚園教諭一種免許状」を取得することもできます。また、「少人数教育」と「指導教員制」による学生への手厚いサポートも魅力。教育者に必要な豊かな人間性を養い、4年間で授業を受ける側から教える側へと着実に成長していくことができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
常葉大学(私立大学/静岡)