• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟経営大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山本 翔さん(経営情報学部 スポーツマネジメント学科/東京フットボールクラブ株式会社(FC東京)事業部)

私立大学/新潟

ニイガタケイエイダイガク

先輩の仕事紹介

チームを強くするサイクルを生み出すために、様々なことに挑戦しています

東京フットボールクラブ株式会社(FC東京)事業部
経営情報学部スポーツマネジメント学科/2015年卒
山本 翔さん

この仕事の魅力・やりがい

事業部という部署でスポンサー営業を担当しています。チームの強化やファン・サポーターの皆様に安全かつ快適に観戦していただくなど、クラブ運営をしていく中で資金が必要になってきます。そのため、FC東京にしかできないサービスで企業様と関係性を深めて、支援をいただきます。スポンサー収入が増えればチームを強化でき、チームが強くなれば観客数も増え、チームの価値も高まり、それが新たなスポンサー獲得にもつながる良いサイクルを生み出します。とはいっても、営業として成果がでないこともあります。でも、失敗を恐れず挑戦することも今は重要だと思っています。チームのさらなる発展のために裏方として全力で貢献して行きたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の時に体験した満員のスタジアムの感動が、私をサッカーの道に進むきっかけを作ってくれました。大学時代はサッカー部のマネージャーとして、選手のサポートや対外試合の手配などを担当。選手としての喜びも裏方としての喜びも両方経験して、サッカーに携わる仕事がしたいという気持ちが膨らんでいきました。その気持ちを先生に相談したところ、FC東京をはじめ、Jリーグクラブでのインターンを薦めてくれて、それがきっかけで就職が決まったんです。FC東京でも多くの方にスタジアムで感動してもらい、何かのきっかけとなる体験を提供したいと思っています。特に子どもたちの将来につながる感動を与えられたら嬉しいですね。

明るく、元気にチームの魅力を伝えられるよう心掛けています

学校で学んだこと・学生時代

ゼミの活動で「ベースボールビジネスアワード」という野球チームの新しい運営を考える企画に挑戦し、優秀賞をとることができました。企画書を作るうえで先生から叩き込まれたのが、現状分析→課題抽出→解決策立案→実施という"考え方の基礎"です。私が担うスポンサー営業や試合運営の現場でも、課題やニーズを明確にしたうえで、FC東京にしかできない解決策を考えます。経営大で学んだ"考え方の基礎"は今も大切にしていて、それがお客様やチームのため、そして自分自身の成長にも繋がっていると思っています。これからも経営大で教わったことを活かして、多くの方にスタジアムに足を運んでもらえるように様々な挑戦を続けて行きたいです。

山本 翔さん

東京フットボールクラブ株式会社勤務/経営情報学部スポーツマネジメント学科/2015年卒/小学生の頃にサッカーを始めて、中学、高校、大学とずっとサッカーに携わってきた山本さん。「サッカーがあるから今の自分があると思っているので、これからはサッカーに恩返しをしていきたいと思っています」とサッカーにかける情熱は今も変わらない。子どもたちのためのサッカー教室を開催したり、地域イベントに参加したりとFC東京のホームタウン活動にも参加。スポンサー営業以外の仕事も精力的にこなしている姿が、FC東京ひいてはサッカーを本当に愛している証拠なのだろう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
新潟経営大学(私立大学/新潟)