• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸芸術工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 長濱 伸貴先生(デザイン)

私立大学/兵庫

コウベゲイジュツコウカダイガク

こんな先生・教授から学べます

美しさと居心地の良さを兼ね備えた外部空間を創造する先生

デザイン
芸術工学部 環境デザイン学科
長濱 伸貴先生
先生の取組み内容

私はランドスケープデザインの設計者(実務家)です。私の学生時代はまだランドスケープデザインは一般的でなく、私も最初は造園を学びました。日本の庭園は世界的にも有名ですが、特徴は眺めることに重点が置かれていることです。一方、ランドスケープデザインとは、眺める美しさと、そこですごす心地よさを兼ね備えているところに特徴があります。私もそれを大切にして数々の公園、広場、庭園などを手がけてきました。日本の街には座る場所が少なすぎると思います。しかし、今の若者は外部空間の使い方が上手になってきており、これからの日本の文化がランドスケープデザインに求めるものは大きくなっていくはずです。大学では風や熱などの環境が及ぼす影響をシミュレートして、より心地良いデザインを実現する研究も行っています。

私が設計した「なんばパークス2・屋上」。商業施設やビルの屋上は、街の中の憩いの場所として注目です

授業・ゼミの雰囲気

環境デザイン学科では、学科の全教員が全学生を指導することで総合的なデザイン力が身につきます

環境デザイン学科には「リノベーション」「建築」「ランドスケープ」「まちづくり」の4コースがあり、それぞれの分野の先生がいらっしゃいます。こうした先生たちが全員で、学科の学生全員を指導するところに環境デザイン学科の特徴があります。最初から自分の将来を決めつける必要はありません。隣接する分野を総合的に学んでからランドスケープデザインの設計者になることを決めても、学んだ建築、インテリア、リノベーションなどの知識は必ず役立ちますし、自分の専門分野で違う可能性を発見できるでしょう。

各分野で活躍するプロフェッショナルと共に「環境デザイン」が学べます。長濱研究室のゼミ学生たち

キミへのメッセージ

最初はちょっとした興味でも、プロフェッショナルへの道はつながっている!

私は高校3年生まで、将来何になるか決めていませんでした。あるとき、街を歩いていて公園を見て「これをつくる人になろう」と思ったのです。プロフェッショナルへの道も、ちょっとした興味から始まるものなのです。

長濱 伸貴先生

専門はランドスケープデザイン。千葉大学園芸学部造園学科卒業( 1991年)。神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科修士課程修了(2008年)。E-DESIGN代表取締役。【主な作品】堺自然ふれあいの森、錦綾幼稚園、アートヴィレッジ大崎、なんばパークス2、三田市総合文化センター、クラウンプラザ神戸チャペル、阪神甲子園球場リニューアル、京染会館屋上庭園、長浜市役所新庁舎、ヤンマーミュージアム屋上ビオトープほか多数

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神戸芸術工科大学(私立大学/兵庫)