• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸親和女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 髙市 瑞葉さん(発達教育学部/小学校教諭)

私立大学/兵庫

コウベシンワジョシダイガク

先輩の仕事紹介

日々成長する子どもたちをそばで見守れるのが嬉しい。“思いやり”を養う教育で、自分を支えてくれる人の存在に気づける子を育てたい。

小学校教諭
発達教育学部 児童教育学科 初等教育学コース/2017年卒
髙市 瑞葉さん

この仕事の魅力・やりがい

ずっと憧れだった“小学校の先生”の夢を叶え、現在は小学2年生の担任をしています。クラスの子どもたちは、みんな元気いっぱい!それぞれに個性があって毎日新鮮で、あっという間に1日が終わってしまいます。放課後になってからも、翌日の授業の準備や提出物のチェックなど、時間はどれだけあっても足りないほどですが、そんな苦労も、子どもたちの成長を一番近くで感じられる嬉しさと比べれば、すぐに吹き飛んでしまいます。昨日までわからなかった問題が解けるようになること、体育で記録を更新することなど、子どもたちの小さな成長を一緒に喜べるのが、先生としての一番の醍醐味だと思います。

学校で学んだこと・学生時代

大学時代は、とにかく子どもと触れ合う活動に積極的に参加していました。例えば、市内の幼稚園や小・中学校で、授業や学級活動、行事などの指導補助を行う「スクールサポーター制度」を活用したり、「ユネスコクラブ」に所属して地域のボランティア活動や被災地ボランティアに積極的に取り組んだり…。学生のうちから、実際の教育現場で子どもと関わりながら学んだことは、とても良い経験になったと思います。ゼミでは、人権教育について学んでいました。子ども一人ひとりの個性や、倫理にも関わる難しい内容ですが、教育に従事する者として知っておくべき知識や考え方が身につきました。

実践力を高めるボランティア活動などにも、積極的に参加しました

これからかなえたい夢・目標

先生になる夢を叶えられたのは、家族はもちろん、今までにお世話になった先生、仲間たちのおかげです。だからこそ子どもたちに「みんな誰かに支えられている」ということに気づかせてあげられるような先生をめざしています。そのためにも、まずは思いやりの心を育むことが大切だと考え、常に「友達の気持ちを考えようね」と子どもたちに教えるよう心がけています。また、クラスで『ミニ先生制度』を設けており、授業でわからないことがある子どもに、わかっている子どもがその内容を教えてあげる、といった取り組みを行っています。今より一歩でも成長してもらうため、今後もさまざまな取り組みを通して子どもたちの思いやりの心を育てたいです。

大好きなゼミメンバーと先生。みんなが支えてくれたからこそ、先生になれました!

髙市 瑞葉さん

神戸市立鹿の子台小学校/発達教育学部 児童教育学科 初等教育学コース/2017年卒/もともと子どもが大好きだった髙市さん。親戚が小学校教諭だったこともあり、将来は“小学校の先生”をめざすようになったという。「私自身、『子どもが好き!』という想いだけでゴールまで突っ走ってきました。夢を叶えるのに、『教育を通して何かに貢献したい』とか、そんな難しい理由はいりません。ただ『なりたい!』という強い気持ちがあれば大丈夫です!自分自身の譲れない“芯”の部分を大切にしてください」と、同じ道を志す後輩たちに、熱いエールを送ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸親和女子大学(私立大学/兵庫)