• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸親和女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 加藤 美郁さん(発達教育学部/小学校教諭)

私立大学/兵庫

コウベシンワジョシダイガク

先輩の仕事紹介

私の作るクラスを、子どもたちにとって「安心できる場所」にしたい!

小学校教諭
発達教育学部 児童教育学科/2018年3月卒
加藤 美郁さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、小学校の先生として2年生を担当しています。学校での業務内容は、主に教科指導や生活指導をはじめ、学級運営、時間割の作成、保護者の方への対応というような授業外の仕事も合わせると、あらゆる仕事があります。日々こなさなければないことは多いですが、子どもたちの成長する姿を見ていると負けていられないなと思います。この仕事を選んだ理由は、もともと子どもと触れ合うことや人と関わることが好きだったから。子どもたちにはいろんな個性があるだけに、日々ぶつかり合いがあったり、感動するようなことがあったりします。何があっても、笑顔で接することが私のモットー。クラスのみんなと一緒に、自分も成長していきたいです。

学校で学んだこと・学生時代

親和は学内での学びだけでなく、ボランティア活動などのオフキャンパスでの学びも充実していました。2年次生の時には小学校の学校園ボランティアとして参加し、子どもたちとの関わり方を実体験から学ぶことができました。また、4年次生の時には貧困家庭の子どもに対する学習支援や、課題を抱える子どもが自立するための生活支援、メンタルフレンドとして不登校児童と関わる取り組みなど、さまざまなボランティア活動に参加。たくさんの人との関わりの中で、いろんな価値観の考えや想いに出会えました。常に子ども第一で考えることが大切だと学ぶこともでき、小学校の先生として働く今の自分に大いに生かされています。

日々成長する子どもたちを見守るのが一番のやりがい

これからかなえたい夢・目標

どのような子どもにとっても、私のクラスが「安心できる場所」だと感じてもらえるような学級づくりをしたいと考えています。たくさんのことを楽しく学んで、どんなことにも挑戦できる子どもに育っていってほしいですね。また、子どもたちの「わかった!」がたくさんあふれるような、楽しい授業ができるようになりたいです。そのためには子どもの気持ちに誰よりも寄り添って、話をしっかり聞いてあげたり、褒めて伸ばすことを心がけたり、何でも信じて任せることが大切だと感じています。どんな時も笑顔を絶やさず、全力で取り組んでいきたいです。

教育現場でのボランティア活動で、実践力がアップ!

加藤 美郁さん

岸和田市立太田小学校 勤務/発達教育学部 児童教育学科/2018年3月卒/学生時代、人権問題について理解を深めるために、積極的に研究会や研修へ参加していた加藤さん。識字教室で授業力(展開・伝え方)を身につけるとともに、複雑な背景を抱える方々について学んだそう。その時の経験をきっかけに、課題を抱える子どもたちでも笑顔で過ごせる環境づくりができるようになりたいと強く思うようになったという。「ただ授業を受け持ち、知識を教えるだけでなく、さまざまな角度から子どもたちの成長を支えたいです」と、教育者として熱い想いを聞かせてくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神戸親和女子大学(私立大学/兵庫)