• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 兵庫
  • 神戸親和女子大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小川 華奈さん(文学部 国際文化学科/国語科教諭(中学校))

先輩の仕事紹介

「国語が苦手」その気持ちが分かるからこそ、できる授業がある

国語科教諭(中学校)
文学部 総合文化学科(2021年4月以降:国際文化学科)/2016年3月卒
小川 華奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

大学生の頃の塾講師のアルバイトで、子どもたちの理解を引き出す面白さを感じ、先生をめざすように。国語科教諭を選んだのは、私自身、国語が苦手だったからこそ、つまずきやすいポイントに配慮した授業ができると思ったからです。生徒の興味や理解に関わる“授業の導入”は特に大切にしています。例えば授業で取り上げる作品の作者の話をしたり、私が実際読んだ本の話をしたり…。少しでも国語への苦手意識を失くせるよう工夫しています。クラス担任としては、子どもたちと関わる時間を増やすよう意識。休み時間に直接話をするほか、毎日の生活を記録する生活ノートのやり取りで、子どもたちの思いや悩みに寄り添えるよう努力しています。

学校で学んだこと・学生時代

1年次は将来の選択肢を広げるために、さまざまな分野の授業を受けました。2年次に、塾講師のアルバイトを始め、この頃から教えることの面白さを感じ、将来の職業として意識するようになりました。3年次は、スクールサポーターとして中学校を訪問し、実際の学校生活に対面する中で、中学校ならではの悩みを抱える生徒のために力になりたいという思いが強くなりました。また、3年次からゼミの授業が始まり、「近代文学」を主なテーマとしていたので、多くの作品に触れ、その知識が先生になった今でも生かされていると思います。

これからかなえたい夢・目標

今後の目標は、より柔軟な授業展開ができるようになることです。「なぜこうなったのか」「~した理由は?」といった同じ質問でも、少しのニュアンスの違いで子どもたちの受け取り方は大きく異なります。そのことをふまえて、子どもたちの反応に合わせた授業が行えるようになりたいです。

小川 華奈さん

国語科教諭(中学校)/神戸市内の中学校に勤務/文学部 総合文化学科(2021年4月以降:国際文化学科)/2016年3月卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
神戸親和女子大学(私立大学/兵庫)
RECRUIT