• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 神田外語大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山根 賢太郎さん(グローバル・リベラルアーツ学部/外務省専門職員)

自分が関わる以上、わずかでも付加価値をつける。仕事で常に意識している事です。

先輩の仕事紹介

人と人の信頼関係を築き、国と国の関係につなげていく。その大きな使命を胸に。

外務省専門職員
英米語学科/2003年卒
山根 賢太郎さん

この仕事の魅力・やりがい

政策の企画・立案をはじめ、国家間のやり取りを動かしているのが外務省です。たとえば外国との合意文書の作成であれば、署名式といった大舞台に臨む人はもちろん、そこに至るまでに粘り強く折衝を重ねる人、要となるところでサポートする人など、数多くの外務省職員が関わっています。こうした末に国と国の関係に新たなページが加わり、それが50年、100年と続いていく。そんな一つの「歴史」が刻まれる瞬間に立ち会い、携われるのが、この仕事の大きな醍醐味といえるでしょう。一方で、重要な場面に遭遇することも多く、交渉事がその後の国のあり方に直接関わってくることもあるので、仕事で感じる責任と緊張もかなりのものです。

業界ココだけ話!

私たち外務省職員は、東京のほか、世界約150カ国にある在外公館(大使館・総領事館・政府代表部)に勤務し、現地の人々と幅広く関係を作ります。こうした人と人との信頼関係があるからこそ、情報をもらえたりお願いをきいてもらえたりと、仕事をスムーズに進めることができます。また、これまでに中東・アフリカ・東南アジアで3カ国に赴任しましたが、それぞれで厳しい貧困や、言論統制下に生きる人々の日常にふれてきました。それらにナイーブにショックを受けるだけでは務まらない職業ではあるものの、世界の現実から目をそらさず直視することが、目の前の仕事に流されがちな日々の中で、原点に立ち戻る機会となっています。

私が初めて大使館で勤務したのは、中東・シリアです。

学校で学んだこと・学生時代

私は入省後、海外研修先のアメリカの大学院で平和学を2年間学び、修士号を取りました。この時に活きたのが、神田外語大学で磨いた英語運用能力です。特に英語で論文を執筆するライティングの授業を取っていたことは、強みになりました。また、法哲学の教授のゼミ、「国際平和論」や「国際コミュニケーション論」の授業等を通じて、ただ一つの正解が無いような問いについて議論を重ねた経験も、創造的に物事に取り組み解決していく訓練になりました。いずれも今振り返ると、現在の仕事につながっていると感じています。皆さんも自身の可能性をより広げるために、大学では幅広い学びにぜひふれてください!

赴任先では親しい友人もでき、愛着も沸くので、離任時にはいつも寂しさが込み上げてきます。

山根 賢太郎さん

外務省 北米局 北米第一課 主査/英米語学科/2003年卒/民間企業を経て2005年外務省に入省。アメリカで在外研修後、在シリア、在南アフリカ、在フィリピンの各日本大使館に勤務。2014年に帰国後、アジア大洋州局地域政策課を経て現職。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

神田外語大学(私立大学/千葉)