• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 神田外語大学
  • 先生・教授一覧
  • ペク・ソンス先生(メディア文化論)

こんな先生・教授から学べます

メディアのあり方を探り、つくる楽しさも教えてくれる先生

メディア文化論
外国語学部 国際コミュニケーション学科国際コミュニケーション専攻
ペク・ソンス先生
先生の取組み内容

「メディアの本質」って何だろう? 映像メディアを中心に、そんなギモンを解き明かしていくのが私の専門分野です。人々への情報伝達を媒介するメディアは、これまでは新聞・テレビ・ラジオ・映画といったものが主流でした。それが近年では、インターネットのニュースサイトや動画サイト、SNSといったものも、身近で欠かせないメディアとなっています。では、メディアは私たちにどのような影響を与えているのか。世の中の様々なイメージをメディアはどのように伝えているのか。私の授業では、こうしたメディアを巡る諸テーマについて皆でディスカッションを重ねていきます。さらに映像の歴史や構成、カメラ技法などについても学び、映像制作にも挑戦します。これら学びを通じてメディアの本質を探り、メディアのあり方について一緒に考えを深めましょう。

ペク先生の授業では、メディアを制作・発信する授業も。知識の習得だけでなく、つくる楽しさも体感できる。

授業・ゼミの雰囲気

SF作品を通じて人間の創造力の源泉をたどり、テクノロジーとメディアのいまを見つめ、学ぶ。

情報が世に溢れるいま、メディアを理解して使いこなすメディアリテラシーの重要性が高まっている。ペク先生の授業『メディアリテラシー』では、SF作品を題材に人間の創造力や表現手法を読み解いていく。学生は様々なメディアを駆使して調べ、それぞれの考えをスライドや映像など自分なりのメディアにまとめて発表する。「AIをはじめとする最新テクノロジーも、元は50年前、100年前のSF作品に描かれた人々の創造力が源泉です。メディアと密接な関係にあるテクノロジーの背景を知ることで、メディアの本質をつかんで欲しいと考えています」

学生たちはグループで話しあったり、タブレットを使って調べたりしながら、理解を深めていく。

キミへのメッセージ

学びを通じて自ら発信する楽しさを体感し、主体的に学べる人へ!

私の授業では、皆さんの積極性を重視しています。自分の意見を発信し、仲間とディスカッションを重ねるなかで自ら表現することの楽しさを体感する。ここから、主体的な学びへの大きな一歩を踏み出してください!

ペク・ソンス先生

韓国・ソウル市生まれ。1985年、梨花女子大学卒業。1987年に来日し、東京大学大学院 社会学研究科で学ぶ。映画やテレビをはじめとする映像メディアを通じて、社会や文化を研究。国際コミュニケーション学科 准教授。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

神田外語大学(私立大学/千葉)
RECRUIT