• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神奈川工科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 創造工学部
  • ホームエレクトロニクス開発学科

私立大学/神奈川

カナガワコウカダイガク

ホームエレクトロニクス開発学科

定員数:
40人

企業と連携したプロジェクト教育で、社会が求めるエレクトロニクスエンジニアを育成

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

初年度納入金:2019年度納入金 161万8000円 

学科の特長

学ぶ内容

家電総合エンジニアを育成する学科です
世界に誇る日本の家電技術。求められるのは、環境性、デザイン性、使いやすさのほかに、近年関心が高まっている省エネルギー性です。本学科では、企業とともにつくったプロジェクト教育で豊かな発想力と知的好奇心を養い、地球全体がかかえるエネルギー問題の解決のカギとなる“家電”の総合エンジニアを育てます

カリキュラム

企業との産学連携による実践的な学び
工学は産業と密接に関係する分野であるため、本学科は、家庭内のオール電化を目指す電力会社・家電メーカーのアドバイスや協力を得て設置されています。研究はもちろん、教育においても産業と連携し現代のエレクトロニクス、情報技術分野で必要な人材を育てるカリキュラムを用意しています

授業

企業連携プロジェクト I ・ II
1・2年次までのプロジェクトで習得した課題解決力や設計製作テクニックを応用した3年次の授業です。授業はグループで進め、自分たちが設定したテーマについて企業からの協力も得ながら、半年間かけて取り組みます。製品の設計製作・性能評価から、商品の企画提案まで、学生が主体となって研究活動を進めていきます
身の回りの家電が動く仕組みを、体験を通じて学ぶ授業が多数
「ホームエレクトロニクス」では身近な家電製品について分解・解体などの体験作業から家電製品の機器の仕組みを理解。「デジタル機器の仕組み」ではデジタル情報機器で映像や音などの機能を実際に体験し分解・解析などを通じその仕組みを体得。いずれも、家電製品の機能や実現する電気電子技術もあわせて学習していきます

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    企業から出された課題にチャレンジしながら、社会人基礎力が自然に高まる授業

    エレクトロニクス分野は携帯電話やロボット、電気自動車などの新しい産業技術の基盤ともいえるもの。産業界の多様な分野で、技術者の育成が望まれている。ホームエレクトロニクス開発学科では『企業連携プロジェクト』という科目を開講し、様々な企業から出された課題に学生がチャレンジ。課題解決のた…

    神奈川工科大学の先生

資格

最新の資格取得を支える学習内容と、資格を活かした幅広い就職分野
授業等の学習内容を連携させることで、経済産業省認定の新しいエレクトロニクスエンジニアの資格である「家電製品エンジニア」や「家電製品アドバイザー」の資格を取得できるように工夫されたカリキュラムとなっています。これらの資格や知識・技術を活かして、幅広い就職分野での活躍が期待されます

施設・設備

体験型授業やプロジェクト研究を支える実験室を設置
オール電化機器のカットモデルを置いた「オール電化実験システム室」やリモートコントロールで家電を遠隔操作する「近未来実験室」を設置。HEMS(ECHONET Lite)認証支援センターでは、HEMS(home energy management system/機器をネットワークでつなぎ賢く電気を使う仕組み)普及の鍵となるECHONET Lite規格機器認証を支援

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【技術】<国> (1種)

受験資格が得られる資格

  • 作業環境測定士<国> (1年以上の実務経験が必要) 、
  • 第一種衛生管理者<国> (1年以上の実務経験が必要) 、
  • ファンダメンタルズ・オブ・エンジニアリング【FE】試験 、
  • プロフェッショナル・エンジニア【PE】試験 (FE合格後4年以上の実務経験が必要)

目標とする資格

    • 電気主任技術者<国> (第2種/第3種) 、
    • 電気工事士<国> (第1種/第2種) 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種) 、
    • 無線従事者<国>

    家電製品エンジニア 
    家電製品アドバイザー
    衛生工学衛生管理者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    荏原製作所 、 東光高岳 、 コロナ 、 日本コンクリート工業 、 テクノ菱和 、 菊水電子工業 、 東芝ライフスタイル 、 東芝キヤリア 、 NTTアドバンステクノロジ 、 東芝ホームテクノ ほか

※ 2018年3月卒業生実績

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
TEL 046-291-3002(企画入学課)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県厚木市下荻野1030 「本厚木」駅からバス 23分

地図

 

路線案内


神奈川工科大学(私立大学/神奈川)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路