• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神奈川大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 建築学科

私立大学/神奈川

カナガワダイガク

建築学科

募集人数:
140人

人間と空間、環境に理想的な未来を描く、最前線の建築を学ぶ

学べる学問
  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • CADオペレーター

    コンピュータを使って建築用図面や設計図を作成

    CADとはComputer Aided Designの略で、鉛筆の代わりにライトペンやタブレットを用いてコンピュータ画面で設計を行うシステム。CADシステムは、建築会社をはじめ、各種機器メーカー、デザイン関連会社、自動車、航空機、通信などさまざまな業界で導入されている。

  • 測量士

    建築の基本。正確さと速さが要求される

    地図の作成や土木・建設工事をする前に必ず行う測量をする仕事。測量実施計画を立て、実施する。最近では、コンピュータを利用した地図の編集や、人工衛星を使った測量など、ハイテク技術を駆使している。

  • 建築施工管理技士

    建築現場のディレクター

    ビルや家など、さまざまな建築工事現場で、建築物の品質、資材や人員の管理、費用の管理、工期の管理、周辺の一般人の保護などすべてを管理し、コントロールする人。一般・特殊建設業の営業所が必ず置く人材の一つ。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

  • 作業環境測定士

    作業環境を守るための環境測定

    石綿などの鉱物性の粉塵や、放射性物質、特定化学物質など、工場やさまざまな作業現場で、人の体に有害となる物質はたくさんある。それらの測定をし、より良い作業環境を保つ技術者が作業環境測定士。簡易測定機器を使用したサンプリングや分析・解析をし、職場環境を維持する大切な役割を担う。

  • 環境計量士

    濃度や騒音レベルを計量する

    計量器の整備、正確性の保持、計量方法の改善など、適正な計量のための環境保持をする仕事。具体的には、濃度や騒音レベル、振動レベルを測り、工場や事業所などでの計量に問題がないよう必要な措置を講じていく。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 155万3300円 

学科の特長

学ぶ内容

興味に合わせた3コースで専門的な知識を深め、幅広く建築を学ぶ
「建築環境」「建築構造」「建築デザイン」の3コース制で、人間と空間、環境の理想的な関係を創造する建築を学ぶ。意匠設計、構造設計、設備設計、施工、監理など多様な分野で活躍する専門家を養成。効率的に得意科目を伸ばしながら、他コースの科目も履修できるカリキュラムで、幅広い建築の知識を修得することができる

先生

「建築環境・設備設計なくして実現できない、五感にやさしい快適な建物」
「建物は、デザインや構造だけが優れていても使いものになりません。光・音・空気・熱・水など、それぞれ制御する環境工学・設備があってはじめて、真に快適な建築空間が実現します。人間の五感にストレスを与えない環境を建築環境工学・設備によって実現する。それを研究テーマにしています」

学生

「地震に強い建物づくり、まちづくりが夢です」
「土木関係の会社に勤めていた父の影響で、小さい頃からものづくりに興味があり、建築学科を志望しました。また、高知出身の僕は、南海地震に関して知る機会が多く、地震に強い建物について学びたいと思っていたことも理由のひとつです。今は鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造の耐久性の勉強をしています」
東アジア5大学による交流ワークショップや派遣交換留学制度を実施
建築学科では、韓国・中国・台湾などの大学と東アジア5大学建築学術交流を実施している。学生交流設計ワークショップでは、各大学より5~6名が参加し、協同作業で設計課題に取り組む。また、デンマーク・台湾への派遣交換留学制度も実施し、国際的な学びの機会が広がっている

卒業後

建設業界、建築設計事務所などの専門サービス業で能力を発揮
総合建設業や建築設備業といった建設業界、建築設計事務所やビルメンテナンス業などの専門サービス業へ進む卒業生が多い。国家公務員や地方公務員として活躍する先輩も。建築の研究を究めるべく、大学院への進学も増加している

資格

将来の目標に合わせた資格が学内で取得可能
学生の意志や希望に応じて、さまざまな資格を学内で取得することができる。数学・工業(高等学校1種)、数学(中学校1種)の教員免許状、さらに建築士(1・2級)、建築設備士、木造建築士などの取得もめざせる。資格取得を志す学生のために各種課程・講座を設置して、全面的にバックアップしている

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【数学】<国> (1種) 、
  • 学芸員<国> 、
  • 日本語教育能力検定試験 、
  • 技術士補<国> 、
  • 社会教育主事任用資格

受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 木造建築士<国> 、
  • 建築設備士<国> 、
  • 建築施工管理技士<国> 、
  • 建設機械施工技士<国>

コンクリート診断士
労働安全コンサルタント
労働衛生コンサルタント
衛生工学衛生管理者

目標とする資格

    • 技術士<国> 、
    • インテリアプランナー 、
    • インテリアコーディネーター

    構造設計1級建築士<国>
    設備設計1級建築士<国>
    建築積算士
    建築基準適合判定資格者<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    清水建設 、 戸田建設 、 西松建設 、 熊谷組 、 大和ハウス工業 、 長谷工コーポレーション 、 乃村工藝社 、 パナホーム 、 東京セキスイハイム 、 杉並区役所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒221-8624 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-26-1
入試センター TEL:045-481-5857

所在地 アクセス 地図・路線案内
横浜キャンパス : 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1 東急東横線「白楽」駅から徒歩 13分
東急東横線「東白楽」駅から徒歩 13分
「横浜」駅から横浜市営バス(西口バスターミナルより36系統ほか) 約14分

地図

 

路線案内


神奈川大学(私立大学/神奈川)