• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 成蹊大学
  • 在校生レポート一覧
  • 山室 拓実さん(法学部 法律学科/2年)

私立大学/東京

セイケイダイガク

スポーツ施設もキャンパス内にあるため、学業に加え、これまで続けてきた部活動にも力を注ぐことができます。

キャンパスライフレポート

勉強、部活動、留学など、やりたいことに打ち込める環境が充実!不動産業界で活躍するという夢に向かって、法学の学修に力を入れています。

法学部 法律学科 2年
山室 拓実さん
  • 神奈川県 桐蔭学園高校 卒
  • クラブ・サークル: 体育会硬式野球部

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    いろいろな学部の友人ができるのも、文系と理系が一緒に学ぶワンキャンパスの良さだと思います。

  • キャンパスライフPhoto

    英語の授業は、意欲を高めながら学べるレベル別のクラス。「TOEIC(R)LISTENING AND READING TEST」に向けた学修も頑張っています。

  • キャンパスライフPhoto

    ゼミの授業が多いのも成蹊の特徴。自主的に集まり、活発に議論しています。

学校で学んでいること・学生生活

小学校時代から野球を続けている自分にとって、スポーツは生活の一部。学業と硬式野球部の活動を両立した大学生活を送っています。1年次は、法律の基礎知識や法律的な考え方を中心に学修。グループワークやディスカッションをする授業が多く、様々な価値観に触れられるので、考えや理解を深めながら学べています。

これから叶えたい夢・目標

大学在学中に海外留学をすることが目標。成蹊大学は留学制度が充実していて、目的に合わせた留学プログラムが選べます。将来は不動産開発関係の仕事に就きたいと考えています。大学でビジネスに関する法務をしっかり学修して、ショッピングモールやマンションなど人が多く集まる施設の建設に携わりたいですね。

この分野・学校を選んだ理由

尊敬している伯父が法学部出身だったこともあり、法律を専門的に学ぶ中で幅広い知識と教養を身につけたいと考えたことが、学部を選んだ理由です。中でも、成蹊大学に入学したのは、勉強はもちろん、やりたいことに打ち込める環境が充実していたからです。

分野選びの視点・アドバイス

学ぶ分野はもちろん、どういう環境で学べるかも大学選びで大事なポイントです。成蹊大学は、文武両道を実現できる大学。また、ワンキャンパスで小規模な大学だからこそ、他学部の友人もでき、仲間の輪を広げられ、絆をより深めることができます。落ち着いた雰囲気の中で、部活動やサークル活動、勉学と、やりたいことに全力投球しながら過ごすには、成蹊大学はベストな環境が整っていると思います。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 スペイン語 自己理解の心理学
2限目 キャリアプランニング 健康政策論 現代日本の地理
3限目 経済学の基礎 college English college English
4限目 民法 IB 刑法 I スペイン語
5限目 成蹊を知る 刑法 I
6限目

1年次後期の時間割。法学に加え、「心理学」や「健康政策論」など関心のある分野も幅広く履修できるのが成蹊のカリキュラムの特徴。英語はレベル別のクラス編成。少人数授業で、自分の実力に合った学修が可能です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

成蹊大学(私立大学/東京)