• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 成蹊大学
  • 先生・教授一覧
  • 浜松 翔平 先生(現:経済学部 経済経営学科)(経営学)

私立大学/東京

セイケイダイガク

こんな先生・教授から学べます

世界に挑む日本の中小企業の経営戦略を研究する先生

経営学
経営学部 総合経営学科 (2020年4月設置予定)
浜松 翔平 先生(現:経済学部 経済経営学科)
先生の取組み内容

ヒト・モノ・カネといった経営資源が豊富でない中小企業やベンチャー企業が取る経営戦略について研究しています。経営資源が豊富でないことは、必ずしも弱いということを意味するわけではありません。資源を効率的に活用することで海外に進出して飛躍した中小企業もあります。例えば日本酒産業。日本国内の消費量は減少しており蔵数も減少していますが、海外では日本食ブームの影響もあって日本酒の需要が高まっています。日本以外で飲まれる日本酒の8割が海外生産ともいわれています。日本酒産業は大手であっても中小企業規模ですが、そのような拡大する海外マーケットにおいて、少ない資源を効率的に活用して飛躍的な成長を遂げた中小企業があります。それら企業の成長要因の研究を通じて、他の企業の経営に貢献できればと考えています。

将来起業したい、実家が事業をやっているなど、問題意識を持った学生が多く学んでいます

授業・ゼミの雰囲気

起業家の講演や写真・ビデオを使った講義で「経営の現場」に触れながら、経営学の理論やフレームを学ぶ

「ビジネスを成功させるためには、ビジネスプランを書くスキルも大切ですが、世の中の課題を解決したいという強い意志が必要です。それがビジネスのエンジンになるからです。」と語る浜松先生。先生の授業に一貫しているのは学生の主体性を引き出すこと。「情報分析特殊講義」では、実際の起業家や実務者を講師に招き、企画・調査・資金調達等に関する経営の現場にある課題を出してもらうなど工夫している。また、チームでプロジェクトを作り上げる経験をつうじて、経営に必要な知識や行動力の修得を目指している。

「経営の現場」を体感できる「競争戦略」という授業では、成蹊大学ティーチングアウォードを受賞

キミへのメッセージ

興味があることには、迷わずどんどん突き進んで欲しい!

吉祥寺は日本有数の商業の街。そこで商売をされている方々をゲスト講師に呼んだり、店舗へ見学に行ったりと地域と密接な関わりを持って学べる好環境です。興味があることは、前向きに深堀して取り組んでほしいです。

学生の頃は起業を考えていたが、自分がやるよりも方法を明らかにし、実態を伝える方に興味が変わったという

浜松 翔平 先生(現:経済学部 経済経営学科)

専門:経営戦略、国際経営、中小企業論、ベンチャー企業論。東京大学大学院経済学研究科修士・博士課程を通じて「日本の中小企業のグローバル化」をテーマに研究。また、博士課程在籍時にシリコンバレーのベンチャーキャピタルで約1ヶ月のインターン経験を経て、起業のためのルールが存在することを体感。シリコンバレー的起業の方法論の探求にも興味を持ち、さらに日本特有の事業運営の方法などの研究や実践活動を行っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

成蹊大学(私立大学/東京)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路