• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岩手
  • 盛岡大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉田 寛典さん(文学部 児童教育学科/小学校教諭)

子どもと共に成長していく。教諭はやりがいのある仕事

先輩の仕事紹介

教諭としての自覚をもって生活することが、人として成長することにつながっています

小学校教諭
文学部 児童教育学科/2017年卒
吉田 寛典さん

この仕事の魅力・やりがい

魅力は大きく分けて二つあります。一つ目は、子どもの成長を側で見ることができるところです。できなかったことができるようになった時に子どもが見せる笑顔は何にも代えがたい感動を与えてくれます。二つ目は、子どもだけでなく自分の成長も実感できることです。授業準備で力を入れた分、学習で子どもたちから「あ~、分かった!!」「これすごいね、先生!!」など、つぶやきが聞こえてきた時は、しっかり準備してきてよかったと心から思います。教諭としての自覚をもって生活することが成長につながります。教諭として一番の喜びは、やはり「先生が担任でよかった」と言ってもらえた時です。この言葉は宝物としていつまでも心に残っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父に対する憧れから教諭になろうと思い始めました。父は小学校教諭で、私が小学生の時に、同じ小学校で勤務していました。家の父の姿と学校での姿では印象が全然違い、学校で父に会うと仕事場の顔つきをしていて、格好が良かったのを覚えています。その頃から当たり前のように小学校教諭になるものだと考えていました。教諭としての父の存在があったからだと思います。今では、勤務している学校の先生方、保護者の方々、地域の方々に助けていただきながら、子どもたちの成長に携わることができてとても幸せです。これからも、自分を成長させてくれるたくさんの出会いに感謝しながら教諭を続けていきます。

子どもの健やかな成長のために。授業準備は怠りません

学校で学んだこと・学生時代

さんさ踊りサークルに所属していました。盛岡市内の中央通りで行われるパレードに向けて練習を重ね、空き時間や放課後、本番が近くなると休日も使っていました。その時の仲間とは今でも頻繁に会っています。200人以上の仲間と最優秀賞を目指して活動した夏は、最高の思い出です。また、教員採用試験に向けて、ゼミの先生をはじめとして、教員養成サポートセンターの先生方や大学の先生方から試験勉強や二次試験対策など、たくさんの時間を費やしていただきました。盛岡大学の教育採用試験合格率が高いのは、先生方の手厚いご指導やサポートがあるからこそです。盛岡大学には、講義だけでは学べない人との関わり方を学ぶ機会が大いにあります。 

先生方には本当にお世話になりました

吉田 寛典さん

盛岡市立山岸小学校 勤務/文学部 児童教育学科/2017年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

盛岡大学(私立大学/岩手)