• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岩手
  • 盛岡大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 木村 圭汰さん(栄養科学部 栄養科学科/管理栄養士)

学校で学んだ知識と技術を、地域のために役立てたい!

先輩の仕事紹介

やりがいのある仕事がしたかった。管理栄養士はずっと続けていきたいと思える職業

管理栄養士
栄養科学部 栄養科学科/2019年卒
木村 圭汰さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は主に給食管理を行っています。患者様から食事についての感想を伝えていただくことがあります。入院中でも食事で季節を感じることが出来た、おいしかった、食事が楽しみです、といった感想をいただくと、自分の仕事が患者様の健康を精神面からもサポート出来ているのかな、と嬉しくなります。 食欲不振だった方の摂取量が増えたり、検査の数値などが良くなったりすると、やりがいを感じることが出来ます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

せっかく大学を卒業するので、学んだこと、資格を活かした仕事に就きたいと考えました。それらの仕事の中でも、病院という場所はより身近に地域の人々の健康に携わっていくことが出来る、魅力のある職場でした。また、病院の管理栄養士の仕事は自分の行ったことが結果として分かりやすいので、やりがいのある、長く続けることのできる職業だと思い、この仕事を選びました。

患者様一人ひとりに合わせた栄養指導を行います

学校で学んだこと・学生時代

今の仕事をするために必要な知識や技術などについて学びました。また実習では、実際に計画を立てて大量調理をして、その大変さや、どのように計画を立てて動けばいいのかなどを体験し、学ぶことが出来ました。栄養科学科は男性がとても少なかったので、グループワークをしていても基本的に男性が一人でした。女性が多い中で意見を出したり、先生とも密に関わることで、誰とでも話せる、人前でも上手に話せるようなコミュニケーション能力が身についたと思います。

先生にはコミュニケーションの大切さも教わりました

木村 圭汰さん

岩手県立中央病院 勤務/栄養科学部 栄養科学科/2019年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

盛岡大学(私立大学/岩手)