• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 聖学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石田 結城さん(人文学部 欧米文化学科/中学校教諭(英語))

生徒の英語力がアップしていく姿を間近で見られるのも、教師の仕事の魅力です。

先輩の仕事紹介

英語でコミュニケーションできる楽しさを伝えるとともに、生徒たちの心の成長も支えていきたいですね。

中学校教諭(英語)
人文学部 欧米文化学科/2007年卒
石田 結城さん

この仕事の魅力・やりがい

教師という仕事の魅力は、生徒を思いやれば思いやるほど、その思いに生徒が応えてくれることです。イギリスに語学留学をした経験から、実際に英語を使うことの大切さを実感。担当する授業では、英語でのコミュニケーション力をアップさせるため、英語を話す時間を多く設けています。英語でフリートークをする、勉強した文法を使って自分の気持ちや考えを伝えるなど、生徒が英語に触れる時間を増やしているんです。英語で会話を続けるコツのひとつは「相づち」ですが、「I see.」「Really?」など教えたフレーズを休み時間の会話で使っている生徒も。英語を身近に感じ、コミュニケーションの手段として使ってくれることが嬉しいですね。

学校で学んだこと・学生時代

教師になることが、高校時代からの夢でした。聖学院大学を選んだ理由は、中学・高校の教員免許が取得できることに加え、小学校で英語を教える「児童英語教育」についても学べる環境が整っていたから。大学時代は「児童英語サークル」に所属し、ボランティアで小学生に英語を教える活動をしていました。教える大切さや楽しさを知ることができ、「教師になるんだ」という思いがさらに強くなりました。同期には、教師になった友人も多くいます。同じ目標を持ち、それぞれの環境で頑張っている仲間たちの存在が、今でも大きな励み。一緒に悩み、一緒に考え、辛いときには寄り添ってくれる、そうした仲間と聖学院で出会えたことは、一生の財産です。

写真や動画を使うなど、英語に関心を持ってもらえるよう教材も工夫しています。

これからかなえたい夢・目標

教師になった頃は、生徒と英語で話すことが目標でしたが、5年で実現。現在は、英語を仕事に活かせる人材を育てることが目標です。教師をめざす生徒も多く、「英語教師になりたい」という子も。英語を学ぶ楽しさを伝えられたんだと嬉しくなります。英語以外にも、軟式野球部の監督として部活動を指導。野球を通して、生徒の人間力を養うことも目標です。「挨拶・礼儀・返事・全力・感謝」をモットーに、相手を思いやる心、周りの人に感謝する心を持った人間になってほしいと、メンタル面の指導もしています。「教師になって石田先生と一緒に野球も教えたい」と言ってくれる部員もいます。教師となった教え子と一緒に教育に携われたら最高ですね。

大学時代に「英語科教授法」の授業などで身につけた専門的な知識が、教育現場での仕事に活きています。

石田 結城さん

埼玉県上尾市立原市中学校 勤務/人文学部 欧米文化学科/2007年卒/大学時代に所属していた児童英語サークルでは、リーダーを担当。「サークルの運営で悩んだとき、親身になって相談に対応してくれたのが、サークル顧問の先生。聖学院大学はクラスメイトはもちろん、先生方との距離も近く、何でも相談できる環境が心強かったですね」と語る。社会経験を積んでから教師になりたいと、大学卒業後は企業に就職し、営業職として約2年勤務。その後、臨時採用で公立中学校の教師に。3年目にイギリス語学留学を経験。帰国後に教員採用試験に合格し、原市中学校へ赴任。生徒の英語力を高める指導を行うとともに、軟式野球部の監督としても活躍している。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
聖学院大学(私立大学/埼玉)