• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 聖徳大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 武江 宥果さん(人間栄養学部 人間栄養学科(管理栄養士養成課程)/管理栄養士)

お客様とともに調味料の味作りを行っていきます。

先輩の仕事紹介

液体調味料の製品を開発。「世界でたった一つの味」をつくっていきます

管理栄養士
人間栄養学部人間栄養学科/2014年卒
武江 宥果さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

業務用液体調味料を、外食チェーンやスーパー、コンビニ、食品メーカーなど有名企業様に提供している会社に勤めています。製品は業務用ですから、弊社の名前が表に出ることはほとんどありません。私が所属する研究開発部では、主に企業様のご要望に応じて企画立案・製品開発をオーダーメイドで行います。求められる味や機能は、千差万別。何百種類もある原材料を駆使して、「世界でたった一つの味」をつくっていきます。今でも、試行錯誤と新たな発見の毎日を送っています。

業界ココだけ話!

そんな私が、最近一番嬉しかったことは、2年程前から着手していた開発品が製品化できたことです。この製品は、弊社ではあまり実績のない市販品の商品です。開発にあたり、原料の選定・安全性・コスト・その他多くの困難がありましたが、昨年末にやっと製品化することができました。全国に発売された商品が棚に陳列されているのを見た際、本当に嬉しく、忘れられない光景になりました。やはり開発した製品が採用された際の喜びは格別で、開発品が使われた実際の商品を食べるのが楽しみであり、またやりがいともなっています。

やりがいと喜びに満ちあふれた仕事だと思います。

学校で学んだこと・学生時代

私の仕事は、管理栄養士の資格を活かして働く職種ではありませんが、最近では健康をテーマにプレゼン等を行う機会も増えてきました。そういった場合には、聖徳大学で勉強してきた『食べ物と健康』、『基礎栄養学』、『応用栄養学』などの科目の知識が役立っていると実感します。幅広い知識と開発スキルを身に付け、一流の開発者になれるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

大学で学んだことが活かされていることを実感します。

武江 宥果さん

株式会社 味泉 研究開発部/人間栄養学部人間栄養学科/2014年卒/食品メーカーの開発担当者として働くために必要なことを教えてくれた武江さん。「食品学・微生物等の知識だけでなく、刻々と変化する食に対する市場のニーズを敏感につかみ、それに柔軟に対応できる力であると感じています」。同じ部署のメンバーはみんな食べることが大好きだという。「市場調査も兼ねて、みんなで定期的に有名店や人気のお店に食べに行っています」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

聖徳大学(私立大学/千葉・東京)
RECRUIT