• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 静岡理工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 田井 幹夫先生(空間論、テクトニックカルチャー(技術史、構法、素材、計画))

私立大学/静岡

シズオカリコウカダイガク

設計・意匠・建築空間を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

新たな建築空間を創造する能力が磨かれます

モノとモノの間にある「空間=中間領域」の関係性を考え直すことで、未来の新たな建築・環境を提案する田井先生に、4年間の学びで修得できる能力や、将来の進路についてお話をうかがいました。

空間論、テクトニックカルチャー(技術史、構法、素材、計画)
理工学部 建築学科
田井 幹夫先生
  • 「専門分野」設計・意匠(住環境設計、公共空間設計、まちづくり、身体空間)
  • 横浜国立大学工学部建設学科建築学コース卒業。東洋大学、東京理科大学、横浜国立大学、桑沢デザイン研究所、法政大学、明治大学などで非常勤講師を経て、同大准教授に。
創造力を持った人材として様々な分野で活躍が期待できます

空間の関係性まで考えた、より快適な建築を創り出せる能力が養われます

空間をどのように作るか、空間によってどのように人々の生活を良くしていくのか。それらを考えるのが建築家です。講義では、身体から建築、まちづくりにいたるまで、空間を通して「新たな建築」「新たな生活環境」を探求していきます。そのため3次元で空間を把握する能力を磨くことができます。また、建築のテーマ設定から学生が考えて設計をしていくため、企画から製作、プレゼンテーションに至るまでの総合力が身につきます。

学生自らが企画、設計を考える授業を展開しています

右へ
左へ

そこに暮らす人の想いやライフスタイルを尊重した家づくりをしたい

講義ではテーマに基づいて企画や設計を自分で考えていきます。この過程を通して建物の構造や設備などの知識はもちろんですが、歴史や文化的な背景も踏まえて建物を見られるようになったと感じています。美術館増築計画という課題では、美術館にとっての快適な空間は何かを考えながら取り組みました。将来は住宅設計に携わるのが夢で、そこで暮らす人のライフスタイルに合った家を作れるようになりたいです。

高村 菜々さん 課題テーマ「美術館増築計画」

右へ
左へ

建築を通して「暮らし方が変わる」空間を提案できる設計士になるのが夢

田井先生の講義を通して、そこに集う人々に焦点を当てた設計が大切だということに改めて気づかされ、設計の奥深さ、面白さにはまっています。「大学内で居場所をつくろう」という課題製作では、学生たちが自然に集まる空間をどのように作るかを試行錯誤するなかで、ソフト面の知識がとても鍛えられたと思います。卒業後は、次の時代の架け橋になるような「新しい居場所」を提案できる建築家になりたいです。

小川 歩夢さん 課題テーマ「キャンパスアメニティ」

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

空間の把握力がつくと日常の風景の中に魅力や問題点を発見し、より良い生活環境を創造できるようになります。本学で創造力やプレゼンテーション能力を身につけることでリーダーとしての活躍も目指せるでしょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

静岡理工科大学(私立大学/静岡)