• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 静岡
  • 静岡理工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 加藤 丈和先生(センサーネットワーク、IoT、エネルギーマネージメント応用)

私立大学/静岡

シズオカリコウカダイガク

AI・知能情報システムを学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

身につくのは、AIの開発にも役立つハードとソフトのシステム設計技術

実世界とコンピュータの世界を融合するAIの研究を行っている加藤先生。電子回路やセンサ、ネットワークなど、幅広い分野で必要とされてきているAIの将来性、魅力を先生と学生さんにうかがいました。

センサーネットワーク、IoT、エネルギーマネージメント応用
理工学部 電気電子工学科
加藤 丈和先生
  • 「専門分野」AI、機械学習、エネルギーマネジメント
  • 岡山大学自然科学研究科博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所、和歌山大学システム工学部、京都大学研究員、助手、講師、准教授等を経て同大学准教授に。
AI、電子回路、ネットワークのシステム設計など活躍の場は多彩

次世代産業を支えるAI、センサ、プログラミングなどの技術が身につきます

認識、学習、推論、制御というAIの基本ともいえる性能を駆使し、センサなどを使ってそこで暮らす人の趣味嗜好を理解して先回りして自動でサポートしてくれる「AIを搭載した気の効いた家」の実現を目指しています。研究を通して、電気・電子回路などのハードウェアの知識・技術、プログラミングやネットワークなどのソフトウェアの技術、それらを融合したシステム設計の技術に加え、AIの開発に必要な技術が身につきます。

AIにも生かせる電子回路とコンピュータの両面を学べるのが魅力

右へ
左へ

大学で身につけた「トライアンドエラー」の精神で、システム開発に携わりたい

空の画像データの情報を基に学習・判断して太陽光の発電量を予測するAIの開発に取り組んでおり、AIの「より良い脳」をつくるために何度も改良を重ねています。この学びを通じて、より良いものを生み出すには、どこを改良したらいいかを一つひとつ検証し、いい結果が得られないときは違う方法を試す大切さを実感。将来は、このトライアンドエラーの精神を生かした仕事、例えば開発職などに就きたいと考えています。

白井 立樹さん 研究テーマ「学習機能の高いAIの開発」

右へ
左へ

新しい情報・技術にアンテナをはり、工場などのIOT化に取り組みたい

太陽光の発電量を予測するための一連のシステムをつくっています。空の画像を取り込んでその情報を処理し、そこで得られた結果から太陽光の発電量の予測を行うものです。センサーが検出する膨大なデータをAIが学習・判断して制御するIOTの世界では、常に新しい技術が出てくるため情報に敏感でいることの重要さを学びました。卒業後は、新しい技術を積極的に取り入れ、工場などの自動化などで力を発揮したいと思っています。

鈴木 涼太さん 研究テーマ「太陽光発電量予測システムの開発」

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

電気電子工学はIOT、AIといったこれからの成長分野でも必須の技術。さらに電子回路などのハードウェアと、プログラムなどのソフトウェアの両面を融合する分野でもあり、学問的な面白さは十分あると思います。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

静岡理工科大学(私立大学/静岡)