• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 静岡
  • 静岡理工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 高野 敏明先生(ソフトコンピューティング、情報処理)

私立大学/静岡

シズオカリコウカダイガク

情報工学を学ぶことで、広がる将来の仕事

右へ
左へ

身につくのは、問題解決に向けた手法やシステムを開発できる能力

AIが抱える学習の問題を解決する研究やAIを応用して人々の生活を快適にできるアプリケーションの開発を行っている高野先生。開発過程を通してどんなスキルが身につき、将来の仕事にどう生かせるかを聞きました。

ソフトコンピューティング、情報処理
情報学部 コンピュータシステム学科
高野 敏明先生
  • 「専門分野」機械学習、強化学習、転移学習、ソフトコンピューティング
  • 三重大学工学研究科電気電子工学専攻博士課程修了。(博士(工学))。立命館大学情報理工学部知能情報学科 特任助教を経て、2016年より同大学、講師に。
便利で楽しめるシステムや仕組みづくりができるエンジニアに

システム開発に必要な問題発見力、課題解決力、論理的思考力が養われます

情報工学は様々な情報を工学的(人の役に立つ)に利用する分野。研究室では身近な問題を取り上げ、問題解決に向けた手法やシステムの開発を行っています。例えば災害時にリアルタイムで役立つ地図や料理写真でカロリー計算するアプリなどです。実践的に学ぶことで問題発見力、課題解決力、収集した情報から論理的にモノゴトを推し量る力などを身につけられるでしょう。それらのスキルはシステム開発などで生かすことができます。

学生の興味を尊重して、何を開発したいかを決めていきます

右へ
左へ

コンピュータの可能性を考える研究者になって暮らしに役立つモノをつくりたい

本棚に並ぶ書籍の文字を正確に認識できるシステムの開発に取り組んでいます。文字の中にはコンピュータが認識しづらい文字もあり、そこに苦心しています。研究を通して、人間のように物事を認識させるために今のコンピュータができる様々なアプローチを知ることができました。今後は、大学院に進んでさらに研究を深めていく予定ですが、社会に出たら大学での研究のようなコンピュータの可能性を考える研究職に就きたいです。

池田 祐輔さん 研究テーマ「配架図書の文字認識」

右へ
左へ

プログラミングの知識を生かしてシステムエンジニアとして活躍したい

システム設計に興味をもったのは、完成したときの達成感がとてもあったからです。4年生になると本格的な研究が始まりますが、挑戦したいと考えているのは料理の写真でカロリー計算をする画像認識システムです。今は、準備段階としてプログラミング言語や画像認識について猛勉強中。将来はシステムエンジニアとして世の中の役に立つものを作ってみたいです。そしていつか、情報システムの構築まで携わりたいと思っています。

中西 彩美さん 研究テーマ「カロリー計算ができる画像認識」

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

情報工学は情報を役立てる「術」を学ぶ学問です。それは画像、音声、テキスト、センサーデータなど、様々な情報に利用することができます。人の役に立つ便利で楽しいシステムを一緒に考えてみませんか。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

静岡理工科大学(私立大学/静岡)