• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 静岡
  • 静岡理工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 脇坂 圭一教授(建築計画、建築デザイン、キャンパス計画、ファシリティ・マネジメント)

<不均質>な空間の創造から持続可能な社会環境の実現へ

右へ
左へ

感性だけでもなく、効率性だけでもないリサーチを根拠とした「デザイン」

建築を表層のデザインから捉えるのではなく、空間の使われ方、環境シミュレーション、歴史的分析といったリサーチから〈不均質〉な空間を「デザイン」する脇坂先生と学生に研究室での学びについてお話を伺いました。

建築計画、建築デザイン、キャンパス計画、ファシリティ・マネジメント
理工学部 建築学科
脇坂 圭一教授
  • 空間認知、空間論、北欧の建築家の作家論、コミッショニング
  • 東北大学大学院博士課程後期修了、デンマーク・アーキテクトスコーレン・オーフス留学、脇坂圭一アーキテクツ設立、名古屋大学の准教授を経て、2016年同大学の教授に
設計事務所、不動産、行政などの建築技術者として活躍できます

ムラのある〈不均質〉な空間を使い手、管理者、地球環境の立場から創造する

使い手がワクワクする空間、管理者が運営しやすい空間、地球にとって負荷の少ない空間、これらをバランスよく「デザイン」することは簡単ではありません。使われ方調査から設計段階では予想し得なかったアクティビティ(活動)を発見し、光や気流といった環境要素のシミュレーションから窓と空間の関係を把握し、古地図から都市に潜む歴史的痕跡を確認。こうしたリサーチから空間を「デザイン」し、持続可能な社会を目指します。

デジタル(シミュレーション)とアナログ(模型)を横断した設計

右へ
左へ

ただ建築を造るだけでなく、地域や街の在り方を創造することを学んでいます

授業を通して建築知識はもちろん、都市から見た建物の機能性や景観を踏まえた建築物を創造する力が身についてきたと感じます。卒業設計では浜松市街地に賑わいを取り戻すことをテーマに建築計画を進めています。市役所の方に歩行者データを提供いただき、平日と週末での違いを分析した結果、複合センターを建設することで賑わいが戻ると導き出したからです。このような建築理論を踏まえた空間を社会に出てつくっていきたいです。

山内 柊哉さん 卒業設計テーマ:賑わいを取り戻す複合センター

右へ
左へ

社会問題に向き合った建築計画で人々を豊かにする大切さを学んでいます

少子高齢化の問題が浮き彫りになる2025年問題に着目して卒業設計の建築計画を進めています。高齢者が増えると認知症の方も増えるというデータがあります。この認知症の方とその家族が安心して暮らせることをテーマに、オランダにあるホフヴェイ(Hogewey)を参考に、日常生活に必要な施設が全て含まれた「グループタウン」の建設を考えました。将来は建物を造る背景を明確にした建築計画を考えられる設計者になりたいです。

千葉 大騎さん 卒業設計テーマ:認知症の方のグループタウン

右へ
左へ

高校生へメッセージ

高校では苦手科目もある程度、出来るようになってください。でも、大学では得意分野を最大化するためにとことんまでやり切ってください。「やらないか」ではなく、「やらまいか」の精神で!

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

静岡理工科大学(私立大学/静岡)
RECRUIT