• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 静岡
  • 静岡理工科大学
  • 先生・教授一覧
  • 小澤 哲夫教授(化合物半導体)

専門知識はもちろん、社会人基礎力も伸ばす教育

右へ
左へ

卒業までに養った力で最低10年間は社会で活躍できる力が身につく

静岡理工科大学のディプロマポロシー(学位授与の方針)を作った小澤先生に聞いた社会で活躍するために必要な力。そして小澤先生の元で研究に取り組む学生さんにお話しをお聞きしました。

化合物半導体
副学長 理工学部 電気電子工学科
小澤 哲夫教授
  • 半導体工学、結晶材料
  • 静岡大学大学院博士課程修了。同大学 理工学部 助手・講師・准教授を経て、2011年より教授に
半導体の設計・製造メーカー、電子部品メーカーで活躍できます

社会で活躍するために必要な社会人基礎力を身につけた技術者の育成

3年次から就活ゼミというものを実施しています。社会人基礎力のうち、自分に足りない部分と備わっている力が何かを話し合う場です。足りない部分を意識しながら研究を1年間進めることによって社会人基礎力も向上していきます。4つの基準に分けて評価しますが、基準に達した学生は社会に出ても10年間は活躍できると私は考えて指導しています。そして10年間でさらに成長し、社会や会社で躍進してもらえればと考えています。

社会で役立つスキルが身につくように指導しています

右へ
左へ

毎週の進捗発表会で身についた他人に伝える力

太陽電池の熱に弱い欠点を補える材料開発の研究をしています。研究室では各研究の進捗を毎週発表しています。発表会には先生をはじめ、後輩や他のテーマを研究している学生もいるので、分かりやすく説明する必要があります。最初は資料を見てもらっても、説明しても理解されないことが多かったです。第三者の視点を意識しながら繰り返し取り組むことで発表内容を理解してもらえ、伝える力が身についてきたと実感しています。

中村 隼輔さん 研究テーマ:高効率太陽電池の為の新しい材料開発

右へ
左へ

研究室の垣根を越えてアドバイスをもらえる環境で身についた課題解決力

太陽光パネルが何らかの原因で一部分に熱を持ち、発電量の低下や火災のリスクに繋がるホットスポット現象。この部分を見つけ、電流を流さず迂回しながら発電させるプログラムを製作しています。プログラム製作の過程で出てくるエラーを一つ一つ解決していかなければならず、課題解決力が身についてきました。他の研究室の先輩でも気軽に相談できる環境なので、色々な方にアドバイスをもらいながら進めています。

平野 舜也さん 研究テーマ:ソーラーシミュレータ作成と実証実験

右へ
左へ

高校生へのメッセージ

10年先、20年先の未来に向けて研究するのが大学の役割だと考えています。その中でも半導体材料は物理学と化学が融合している領域で未来を創る分野です。物理学はもちろん、化学が好きな人もぜひ来てください。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

静岡理工科大学(私立大学/静岡)
RECRUIT