• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 跡見学園女子大学
  • 先生・教授一覧
  • 富川 淳子教授(日本文化学)

私立大学/東京・埼玉

アトミガクエンジョシダイガク

こんな先生・教授から学べます

ファッション誌から時代をひもとく先生

日本文化学
文学部 現代文化表現学科
富川 淳子教授
先生の取組み内容

女性ファッション誌の「おしゃれスナップ特集」。今では当たり前に見かけるこの企画ですが、いつ頃、なぜ始まったと思いますか?『アンアン』がこのおしゃれスナップ特集を企画したのは1983年のことです。80年代はDCブランドブームによって、センスのいいおしゃれなデザインの洋服が大量生産されるようになりました。また、地方都市にもファッションビルが建ち、今まで東京にしかなかった洋服が全国で買えるようになり、地域によるファッション格差がなくなってきた時代でもあります。そんな背景を知ると、読者に身近で真似しやすい、おしゃれな一般人を紹介するスナップ特集が人気となったのもうなずけます。“雑誌は時代の鏡”。雑誌の誌面からは、社会や産業の動き、文化や価値観の変化など様々なものが見えてきます。

授業やゼミでは、編集長として長年多くの雑誌の現場を見てきた経験を基に指導しています

授業・ゼミの雰囲気

学生×プロのクリエイターで雑誌『Visions』をまるごと制作!一流の人達と仕事をすることが大きな自信に

富川教授が指導する「ライティング特殊演習(編集)」の授業では、学科報『Visions』を制作。企画、ラフ制作、デザイン打合せ、取材・撮影、執筆、原稿チェック、入稿まで、すべてを学生が行います。グラフィックデザイナーやカメラマンとの打合せなど、学生は初めてのことばかりで悪戦苦闘しますが、なぜこの工程が必要なのか、プロの仕事とはどんなものか、見て・考えて・行動することで成長していくといいます。全20ページの雑誌がようやく完成した時は、感動で泣き出す学生も。きっとその後の大きな自信になるはずです。

2017年の『Visions』は、音楽業界のクリエイティブな仕事がテーマ。業界で働く14人にインタビューしました

キミへのメッセージ

「好きなこと」から大学を選んでもいい!跡見で知性と自信をつけてほしい

何がしたいか分からない人も多いかもしれませんが、自分が好きなものを入口として大学を選ぶのもいいと思います。跡見での4年間で、自分で考え抜き、困難をしなやかに乗り越えていく女性になってほしいと思います。

バレーボールやスキーなど当時人気のスポーツに熱中し、流行にはすぐ飛びつく10代だったという富川教授

富川 淳子教授

専門:モード文化、現代ファッション、雑誌文化
上智大学法学部卒。法政大学大学院経営学研究科修士課程修了。
フリーライターを経て、1990年マガジンハウス入社。ブルータス副編集長、ハナコ編集長、アンアン編集長を歴任後、2003年ぴあ入社。インビテーション編集長兼カラフル編集長。その後も男性向けハイエンドファッション誌などの編集長を歴任。2010年より現職。雑誌編集の現場で得たのものを学生へと伝えている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

跡見学園女子大学(私立大学/東京・埼玉)