• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉経済大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • Uさん(経済学部 経済学科/ファッション店員・店長)

私立大学/千葉

チバケイザイダイガク

いつも笑顔を忘れずに、丁寧な接客を心掛けています!

先輩の仕事紹介

大好きなブランドを日本中の人に届けたい!

ファッション店員・店長
経済学部経済学科/2017年3月卒
Uさん

この仕事の魅力・やりがい

サマンサタバサというブランドの店舗で販売をしています。就職先について考え始めた頃は接客業は自分に向いていないと思っていました。学生時代に飲食店でアルバイトをしたこともあったのですが、自分からお客様に話しかけることが苦手で…。でも就活をしていくうちに、やはり大好きなブランドに関わる仕事をしたいと思い、苦手なことを克服しよう!と面接やグループディスカッションでは練習の時から積極的に発言をするよう心掛けました。この会社で働きたいという大きな目標があったから頑張れたのだと思います。お客様に喜んでいただけるよう、これからも努力していこうと思います。新作商品が入荷するときはお客様以上にワクワクしています!

この分野・仕事を選んだきっかけ

学生時代にバッグを買いにお店に行った時、私と同じ年齢の店員さんと話をしたら、とても楽しくて、私もこんな職場で一緒に働けたらいいなと思いました。その後、就活が始まり、会社説明会のお知らせの中に「サマンサタバサ」の名前を見つけたときは、真っ先にエントリーしました!内定をいただき、入社前研修で実際に接客を始めてからは、楽しいのと同時に大変さも少し味わいました。最初は緊張してお客様とうまく話せないこともありました。研修中、失敗をしてしまった私に先輩方が優しく指導してくれた時は、早く先輩たちのように一人前になりお客様に喜んでいただけるようになりたいと思い、笑顔でお客様にお声掛けをするよう頑張りました。

新作商品が入荷するときはとってもワクワクします!

これからかなえたい夢・目標

もともと積極的に人と話すということが苦手だったので、店舗での接客・販売ではなく本社で仕事をしたいと思っていました。学校で職員の方に相談すると、まずは現場(店舗)で接客の仕事を経験して、それを活かして本社での仕事をめざしたら?とアドバイスしていただきました。“欧米が驚く、日本初世界ブランド”という目標を掲げて世界進出をしている会社ですが、私はまず、日本全国すみずみまで、若い人だけではなく年代を問わずにこのブランドを知っていただきたいと思っています。この会社には、希望部署に異動することができる「オープンチャレンジ制度」があります。この制度を利用して、夢を形にできるよう頑張りたいと思っています。

お客様に楽しくお買い物をしていただけたら嬉しいです

Uさん

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド 勤務/経済学部経済学科/2017年3月卒/「とっても楽しい学生生活でした。4年間、陸上競技部のマネージャーをしていました。選手を裏で支えるマネージャーという仕事に高校生の頃から憧れていたのもあり、友人に誘われ入部を決めました。」というUさん。東北出身で、進学の際は「東京の大きな大学はちょっと不安…」と思っていたそう。千葉経済大学のオープンキャンパスに何度か参加し、実際の雰囲気を見て、少人数でアットホームな校風に惹かれ、「ここなら安心して通えそう」と進学を決めた。遠方への進学を心配した親御さんには、「特待生になるから!と言って説得しました。」と笑顔で話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
千葉経済大学(私立大学/千葉)