• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉経済大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • Uさん(経済学部 経営学科/小学校教諭)

私立大学/千葉

チバケイザイダイガク

自立心を引き出すための教育を心掛けています

先輩の仕事紹介

押し付けることをせず、子どもたちの“自立心”を引き出す。

小学校教諭
経済学部経済学科/2012年3月卒
Uさん

この仕事の魅力・やりがい

私がいつも心掛けていることは、子どもたちになにかを押し付けたり、コントロールしようとしないことです。小学校は授業でさまざまな教科を学ぶ以外に、生活習慣や社会性を身につけるための場所。例えばクラスの中に時間を守ることが苦手な子がいても、一方的に叱ることはしません。“どうしたら良いか”、“まわりが助けてあげることはできないか”など、クラスのみんなで考えていくことが大切だと思っているからです。担任の私に言われなくても自主的に行動し、自分たちで問題を解決しようとしている姿を見たときは、とても嬉しいです。子どもたちと一日中一緒に過ごし、日々の成長を間近に見られることがこの仕事の魅力のひとつだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校生の時はサッカーの指導を通じて、大学に入ってからは学習塾の講師としてたくさんの小・中学生と出会いました。その時の経験から、子どもたちが強く生きていくための力をつけるには、学校教育がとても重要だと思い、小学校の教員を目指すようになりました。学校の先生になりたい!と思っている多くの人は教育学部を目指すと思います。しかし私は、大学入試の時点でまだ先生になろうと決めていたわけではありませんでしたので、興味のあった社会や経済について学ぼうと経済学部を選択しました。経済学部に進んだことで、教育学部だけでは学べないことをたくさん学び、視野を広げることができたのはとてもよかったと思っています。

経済学部出身の教師は珍しいかもしれませんね!

学校で学んだこと・学生時代

教員を目指すと決めてから併設の短大の科目も履修していたので、忙しい毎日でした。でも、とても楽しく大変だと思ったことはありません。在学中に学んだ“授業の作り方”“教材研究の仕方”“児童理解”など、小池先生と山岡先生に教えていただいたことが、実際に仕事をするうえでとても生かされていると思います。小池先生に教わった音楽の指導法はとても印象深い内容でした。音楽の授業を通して、“形にとらわれず表現することの喜びを子どもたち自身に知ってもらう”ことが重要。今後も子どもたちと接する上で、上からの立場で“教える”のではなく、子どもたち自身が伸び伸びと成長していく過程を後押しし、見守っていきたいと思っています。

子どもへの接し方をたくさん学びました

Uさん

四街道市立栗山小学校 勤務/経済学部経済学科/2012年3月卒/千葉県内をはじめ関東近郊からの学生が多いなか、Uさんは同級生のなかでも珍しい九州・福岡の出身。「親元を離れ、自立した生活を送りたい」という想いで大学選びを開始。大学入学と同時に千葉で独り暮らしを始めた。子供たちへの自立を促す背景には、そんな自身の自立への強い想いも影響しているのかもしれない。「小学生にとって、担任の先生というのはとても影響力がある」と話すUさん。「上手くできないことがあっても、こうしなさい!とは決して言いません。時には待つことも必要です。自分で気づき、がんばっている姿をみるととても嬉しいです。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

千葉経済大学(私立大学/千葉)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路