• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 千葉
  • 千葉経済大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • Sさん(経済学部 経営学科/小学校教諭)

生徒の手本となるよう細かいことまで気を付けています

先輩の仕事紹介

子どもたちの成長がこの仕事のやりがい!お手本となれる教師を目指して頑張っています

小学校教諭
経済学部経営学科/2018年3月卒
Sさん

この仕事の魅力・やりがい

子どもたちに対してはなにかを押し付けたり、コントロールしようとしないことが重要です。小学校は日々の授業の他にも、生活習慣や社会の一員としての協調性を身につけるための場所。例えばクラスの中に集団生活でのルールを守れない子がいても、一方的に叱ることはせず、“どうしたら改善できるのか”、“まわりがフォローできることはないか”など、クラスのみんなで一緒に考えていくことが大切だと思っているからです。担任の私に言われなくても子どもたちが自ら考えて、問題を解決しようとしている姿を見たときは、とても嬉しいです。子どもたちと一日中一緒に過ごし、日々の成長を間近に見られることがこの仕事のやりがいだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

進学の際に「教員になりたい」という気持ちが強く、大学入学後は教職コースを選択しました。教職コースは中学、高校教諭の免許が取得できるのですが、短大の科目を履修すると小学校教諭の免許も取得できると知り、自分の可能性を広げるためにこちらも履修することに。幅広い分野の授業を受講することで、視野がとても広がったと思います。小学校の教諭を目指したのは6年間という長い期間、子どもたちと関わることができ、成長を見届けられると思ったから。子どもたちは素直で、教えたことを取り入れて驚くべきスピードで成長していきます。それだけに教諭としての責任は重いですが、子どもたちの人生に関わる魅力的な仕事だと思います。

教材を工夫し、わかりやすい授業を心がけています

学校で学んだこと・学生時代

経済学部では本来、小学校教諭の免許を取得することはできませんが、並行して短大の科目を履修することで小学校教諭の免許を取得することができました。学部の科目に加え、短大の科目を同時に履修することはとてもハードで、テスト前は必死になって勉強しました。大変ではありましたがとても充実した日々を送ることができました。千葉経済大学の魅力は、長年現場で活躍されてきた経験豊富な先生から実戦的なアドバイスを受けられ、模擬授業も複数回にわたってできるということです。模擬授業の経験は学校に赴任してからも大いに役に立ちましたし、アドバイスのおかげで教師という仕事に対して、強い熱意と意欲を持つことができました。

時には子どもたちと一緒に考えることも重要です

Sさん

千葉県小学校勤務/経済学部経営学科/2018年3月卒/「大学では多くの授業を履修しましたが、一番心に残っているのは模擬授業。経験豊富な先生方からきめ細かいアドバイスを受けて、現場の空気を肌で感じることができました。また、教諭になるという高いモチベーションを維持できたのも大きかったです。この経験は小学校に赴任して授業を行うようになった今でも役に立っています。子どもたちとは6年間しか共に生活することは出来ませんが、卒業した後も『今はこんなことをして頑張っています』と近況を教えてくれたら嬉しいですね」とSさん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

千葉経済大学(私立大学/千葉)