• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 千葉工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 機械電子創成工学科

私立大学/千葉・東京

チバコウギョウダイガク

機械電子創成工学科

定員数:
110人

機械工学と電子工学を融合した知識・技術・センスを身につけ、最先端のものづくりに必須な設計センスや技術力を育成

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

初年度納入金:2018年度納入金 158万4500円  (入学金20万円を含む)

学科の特長

学ぶ内容

1+1=3にも4にもなるような、新しい価値を創成できる教育・研究をめざす
身近な機械の多くは、機械工学と電子工学の技術を融合した“メカトロニクス”によってつくられています。構造を持つものを動かす機械技術と、それに指令を出したり、データを取得したりする電子技術を複合的に学び、機械工学と電子工学両面の知識と設計センス・技術を修得。新しい価値を生み出すエンジニアを育成します。

カリキュラム

工学の枠組を超えたカリキュラムで、ものづくりのプロセスや課題解決力を養う
座学で学んだ機械工学と電子工学の知識を、学生主体で行う課題解決型のグループ演習によって実践的なものとしていきます。「機械工学」や「電子工学」の枠を超えたカリキュラムにより、新しい価値を生み出すために必要な幅広い知識と設計センス、技術を修得します。

授業

社会のニーズを考えながら、現場で役立つ実践力を身につける
1年次は主に講義形式で学び、学科の学びが現代社会のニーズにどう役立つのかをイメージ。2年次から理論と並行して実験・実習がはじまり、メカトロニクス機器製作を通して少人数チームでのものづくりに取り組んでいきます。3年次には企画立案やプレゼンなど、現場のプロセスも体験します。

先生

  • point こんな先生・教授から学べます

    ゴールは小型ロケットの打ち上げ!チームでひとつのものをつくり上げる体験が育む“人間力”

    研究室では、小型ロケットの設計・製作・打ち上げまでをひとつのプロジェクトとして毎年実施しています。学生が主体となり製作する小型ロケットは全長約2m、重さ5kgほどで高度は500m前後まで打ち上がるのだとか。「ロケット製作はチームで分担して取り組む必要があり、期日までに遂行するため…

    千葉工業大学の先生

研究室

太陽電池を使ったシステム構築実現のためのデバイスと回路の開発に挑む
クリーンエネルギーとして注目される太陽電池には、限りない可能性が秘められています。例えば、電気を使い空気中の水分を取り出す装置を付加すれば、災害時にも最低限の水を確保することができます。佐藤宣夫教授の研究室ではこうしたシステム構築まで見据え、太陽エネルギーを制御できるデバイスと回路を研究しています。
形と機能の研究から新しい機械を生み出すチャレンジ
ネジのらせん形には回転運動を直進運動に変える機能があり、バネのらせん形には弾性エネルギーを蓄える機能があります。手嶋吉法教授の研究室では、このような形と機能の関係に着目し、新しい機能を持った新しい形の研究・開発に取り組んでいます。

卒業後

最先端のものづくりに欠かせない設計センスを備えたエンジニアへ
宇宙用機器の開発技術者、家電メーカーの開発技術者、産業用ロボットの開発技術者、自動車メーカーの開発技術者、医療・福祉機器の開発技術者、生産設備設計開発エンジニア、航空機関連のメンテナンス・生産管理・開発技術者など、社会が求めるモノや新しい価値を生み出すエンジニアをめざします。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    出光興産、クラレ、大王製紙、大日本印刷、YKK 、 リコージャパン、井関農機、いすゞ自動車、スズキ、SUBARU 、 日野自動車、三菱製鋼、ミネベアミツミ、千葉銀行、日本郵便 、 川崎汽船、JR東日本、JR西日本、東京メトロ、京成電鉄 、 荏原製作所、シャープ、ドコモ・システムズ、日本電産サンキョー 、 日本電設工業、日立製作所、富士通、富士電機 、 双葉電子工業、関電工、積水ハウス、東急コミュニティー、一休 、 NTTデータ、スタンレー電気、TDK、東京電力、メイテック 、 産業技術総合研究所、綜合警備保障、金融庁、消費者庁、防衛省 、 警視庁、東京都庁、千葉県庁、千葉市役所 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(工学部全体)

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2-17-1 入試広報課
TEL 047-478-0222
cit@it-chiba.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
津田沼キャンパス(3・4年次、大学院) : 千葉県習志野市津田沼2-17-1 JR総武線「津田沼」駅前(南口)徒歩1分
新京成線「新津田沼」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

新習志野キャンパス(1・2年次) : 千葉県習志野市芝園2-1-1 JR京葉線「新習志野」駅から徒歩6分

地図

 

路線案内


千葉工業大学(私立大学/千葉・東京)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る