• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 在校生レポート一覧
  • 崎永 梨紗さん(感覚矯正学科 視能矯正専攻(2019年4月、視能療法学科として開設)/3年生)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

キャンパスライフレポート

より多くの人の「見える喜び」を守るため、専門性を高めています

感覚矯正学科 視能矯正専攻(2019年4月、視能療法学科として開設) 3年生
崎永 梨紗さん
  • 山口県 岩国高校 卒
  • クラブ・サークル: 学園祭実行委員会

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    臨床で使われる検査機器が揃った環境です

  • キャンパスライフPhoto

    放課後は友達と一緒に検査練習を行うことも

  • キャンパスライフPhoto

    経験豊富な先生が多く、実習環境も充実

学校で学んでいること・学生生活

1、2年次に学んだ知識をもとに、附属病院で患者さまを対象とした検査にも取り組んでいます。臨床で実習を行うことで知識と技術を結び付け、着実に力が身についてきていると実感しています。本学には臨床経験豊富な先生方が多く、授業中はもちろん授業外でも質問に丁寧に答えて下さるので、とても勉強しやすい環境ですよ。

これから叶えたい夢・目標

他学科の学生とともに学ぶ中で「チーム医療」に魅力を感じ、将来は総合病院で働きたいと考えています。眼は人にとってとても大切なもの。斜視や弱視をはじめ、白内障や緑内障など子どもから高齢者まで幅広い世代でさまざまな疾患が考えられます。視能訓練士として眼科診療に関わり、より多くの人の眼を守りたいと思います。

この分野・学校を選んだ理由

近眼があり、視力が変化する理由や眼科で使用する検査機器に興味がありました。眼科を訪れた際、手際よく検査を行う視能訓練士の姿を見て、素敵だなと感じたことが視能療法の分野を選ぶきっかけとなりました。

分野選びの視点・アドバイス

自分にとって学びやすい環境であるかどうかが大切。オープンキャンパスに参加し、学内の雰囲気や実習設備を確認しました。本専攻はアットホームで、みんなと一緒に目標に取り組める環境が入学の決め手となりました。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 視能臨地実習III 視能臨地実習III
2限目 臨床視能学実習II 視能臨地実習III 視能臨地実習III
3限目 臨床視能学実習II 視能臨地実習III 臨床視能学II
4限目 臨床視能学実習II 卒業研究II
5限目 基礎視能学III 卒業研究II
6限目

卒業研究として、ゼミで緑内障について理解を深めています。疾患による失明原因としても名前の挙がる、しかし誰でも罹患しうる病気です。自分自身にとっても身近なテーマだと感じ、基礎的な特徴から学んでいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)