• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 在校生レポート一覧
  • 平井 嵩士さん(リハビリテーション学科 作業療法専攻(2019年4月、作業療法学科として開設)/3年生)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

キャンパスライフレポート

臨床が身近な環境で、患者さんの心身を支援する技術を学んでいます

リハビリテーション学科 作業療法専攻(2019年4月、作業療法学科として開設) 3年生
平井 嵩士さん
  • 兵庫県 赤穂高校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    実習も多く、人を思いやる心が育つ環境です

  • キャンパスライフPhoto

    筋電図を使い作業に必要な筋肉の動きを確認

  • キャンパスライフPhoto

    「七夕会」でレクリエーションを企画・運営

学校で学んでいること・学生生活

福祉用具を使用する上での工夫や、患者さんが生活に取り入れるための指導方法や介助を学んでいます。もともと、けがや病気で不自由な思いをしている人の助けになりたいという気持ちはありましたが、附属病院での実習を通して、その想いはより強いものになりました。実習が豊富で、患者さんを身近に感じる環境は大きいです。

これから叶えたい夢・目標

患者さんの不安や想いをくみ取り、心のケアも含めた「その人のための支援」ができる作業療法士が目標です。まだまだ知識も技術も未熟ですが、自分のわずかな力でも患者さんのことを“一生懸命に考えること”はできます。その人の生活や人生そのものに関わることだからこそ、この姿勢を忘れずに常に意識していきたいですね。

この分野・学校を選んだ理由

高校生の頃、親戚の人がけがをしました。身体に麻痺が残りましたが、その人のよりよい生活のために力を尽くしてくれたのが作業療法士。その懸命な姿を見て「かっこいいな」と感じた経験が、今につながっています。

分野選びの視点・アドバイス

附属病院や総合医療センターなど臨床に近い環境で学び、1年次から見学実習に取り組めるなど充実した実習環境が入学の決め手。また、現役の作業療法士として臨床に携わる先生方から学べることも魅力に感じました。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 臨床基礎実習B
2限目 高齢期障害作業治療学 臨床基礎実習B 小児科学
3限目 地域生活環境論 精神障害作業治療学
4限目 発達障害作業治療学 臨床基礎実習A II 日常生活活動実習
5限目 作業療法研究III 臨床基礎実習A II 日常生活活動実習
6限目

「基礎作業学実習」では、精神科などの作業療法でも用いられるレクリエーションを企画・実行する「七夕会」を毎年実施しています。レクリエーションの目的や効果など、作業療法士ならではの視点が養われます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)