• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 在校生レポート一覧
  • 長谷川 咲希さん(リハビリテーション学部視能療法学科/3年生)

キャンパスライフレポート

多くの患者さんの助けとなるため検査技術や知識の向上に努めています

リハビリテーション学部視能療法学科 3年生
長谷川 咲希さん
  • 鳥取県 米子北高等学校 卒

私のキャンパスライフShot!

  • キャンパスライフPhoto

    様々な検査器械を使って眼の状態を確認

  • キャンパスライフPhoto

    臨地実習前に臨床を想定した実技試験を実施

  • キャンパスライフPhoto

    円滑な検査にはコミュニケーション力も大切

学校で学んでいること・学生生活

川崎医科大学附属病院や他の眼科施設などの医療現場で、患者さんを対象とした視力検査や視野検査等を行う「臨地実習」に取り組んでいます。学内で学んだ知識をもとに検査を行うことで理論と実践を結びつけ、患者さんのことを第一に考える大切さや、検査を行うにあたっての知識や技術の必要性を学ぶことができました。

これから叶えたい夢・目標

視能訓練士として検査を通して眼の疾患を早期に発見し、治療に繋げることで多くの患者さんを助けたいです。そのきっかけとなったのは、眼が不自由だった祖父の存在。眼について学び祖父を助けたいと思ったことが志望理由です。目標を実現するため、講義や実習で学んだことを分かりやすくまとめたり検査練習に努めています。

この分野・学校を選んだ理由

隣接する川崎医科大学附属病院での実習機会が豊富であることはもちろん、病院で務める現役の先生方から眼科診療や検査について学べることに惹かれました。また、学内に検査器械が充実していることも理由の一つです。

分野選びの視点・アドバイス

他学科の学生と学ぶことで繋がりができ、チーム医療における連携や患者さんと会話する際に欠かせないコミュニケーション能力が身につく環境です。入学後は積極的に人と関わり、会話をすることが大切だと思います。

1週間のタイムスケジュール

 
1限目 視能臨地実習III 視能臨地実習III
2限目 臨床視能学実習II 視能臨地実習III 基礎視能学III 視能臨地実習III
3限目 臨床視能学実習II 視能臨地実習III 臨床視能学II
4限目 臨床視能学実習II
5限目
6限目

臨地実習も始まり、視能訓練士になるための知識や技術の向上に励む毎日です。空き時間は、講義や実習で学んだことを振り返って分かりやすくノートにまとめ直したり、学内で友達と検査の練習をしています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)
RECRUIT