• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 武政 睦子教授(公衆栄養学)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

こんな先生・教授から学べます

予防観点から、若い世代に向けた食育活動に取り組む先生

公衆栄養学
医療技術学部 臨床栄養学科
武政 睦子教授
先生の取組み内容

生涯、豊かな食生活を楽しむための食育活動を行っています。ひとつは、食育講座「わくわくキッチン」の開講。小学生とその保護者の食育効果についての研究です。また、倉敷市主催による産学官協働で、特に若い世代の健康・栄養問題への取り組みを行う「若い世代のための食育キャンペーン」も開催しています。このキャンペーンでは、臨床栄養学科の学生が考えた朝食メニュー「もこもこモーニング」や「もちもちベジタブル」のクッキング・試食体験をはじめ、朝食の大切さと栄養バランスがとれるメニューの紹介、そして野菜計量ゲームなど、参加型で楽しめるプログラムを用意しました。これらの活動には私のゼミに所属する学生も参加します。知識を実践の場に移すとともに、地域の方とのふれあいを通して、積極性や自主性を育むことも狙いの一つです。

「若い世代のための食育キャンペーン」会場は、近隣の商業施設。実践による経験が学生たちの糧となります

授業・ゼミの雰囲気

健康で長生きするための環境づくりと栄養支援を学び、実践を通して学生の栄養マネジメント能力を高める

武政教授が担当する「公衆栄養学」は、地域住民が健康で長寿を全うできるように環境と栄養面から支援する学問です。実習では、学生にとっても馴染み深いファストフード、コンビニエンスストアなどで購入する「中食」の内容について調査を実施。栄養バランスや身体への作用などを学びます。また、近隣の地域に赴き、疾病予防や健康の保持・増進を目的とした健康関連サービス「健康栄養教室」を企画。学生はグループごとにテーマを決め、2週間の準備の後、実習として発表を行います。学生たちの総合的な栄養マネジメント能力を高めます。

食品サンプルを使った機器で栄養バランスを確認。メニューの組み合わせも大切です

キミへのメッセージ

美味しいものを食べる、つくる。食に対する関心が学びの原動力になります

管理栄養士は、乳児から高齢者、健康な方、疾病や障がいのある方すべてがよりよい食生活を送れるように、栄養管理や指導・支援に取り組む仕事。食を楽しむことはもちろん、身体への作用にも関心をもってくださいね。

川崎医大附属病院で腎臓病患者の栄養指導を担当する武政教授。経験が若い世代への食育活動へつながりました

武政 睦子教授

専門分野/公衆栄養学、公衆栄養学実習、健康管理実習
略歴/神戸学院大学栄養学部栄養学科を卒業後、管理栄養士として川崎医科大学附属病院栄養部へ入職。川崎医療短期大学栄養科・専任助手、同学看護科非常勤講師を務める。1992年、川崎医療福祉大学医療技術学部臨床栄養学科へ赴任、講師、准教授を歴任する。2017年より教授。博士(健康科学)。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)