• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岡山
  • 川崎医療福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 片岡 浩巳教授(医療情報学、臨床検査)

私立大学/岡山

カワサキイリョウフクシダイガク

こんな先生・教授から学べます

膨大な「医療のビッグデータ」から集合知を導き出す先生

医療情報学、臨床検査
医療技術学部 臨床検査学科
片岡 浩巳教授
先生の取組み内容

医療情報データベースからの知識発見を中心に研究を展開し、新しい検査機器の開発や、人工知能を用いた診断技術の開発を進めています。例えば「ある病気を診断するためには、どういう検査をすればいいか」。それらを一瞬で表出できるように、過去の事例から導出しようとしています。言うなれば、医療のビッグデータから集合知を導き出す作業ですね。こうした技術を教育に活用する方法を模索しています。近年では、人工知能技術を活用した臨床検査機器が注目され、医学知識と情報科学の知識を併せ持つ人材が求められています。特に人工知能の訓練・評価を行える能力を備えたエキスパートが必要とされ、臨床検査技師の活躍の場が広がりつつあります。これからの人工知能時代を牽引できる人材の育成をめざした教育・研究を行っていきたいと考えています。

診断漏れや、診断ミスの防止を目的とした診断支援システムの開発などにも取り組んでいます

授業・ゼミの雰囲気

講義と演習を連動し、理論と実践を接続することで、一つひとつの学びを確実に定着させる授業を展開

「医療統計」などの授業を担当する片岡教授。高校での履修状況を考慮し、理科において生物系のみを履修した学生でも理解できる水準から指導に取り組んでいます。授業は、常に講義と演習を連動させて展開し、実際に自分で実験を行うことで理論と実践を接続し、理解を深めます。また、情報科学分野の学習用ソフトなどを活用するとともに、データベース、プログラミング、統計解析の演習では、医療情報学科と連携することで、実際に学生自身がシステム開発に取り組み、成功体験から楽しく学ぶ方法を心がけています。

「統計を苦手とする学生は多いですね。しかし、計算の意味を理解すれば必ず苦手意識は拭えます」と片岡教授

キミへのメッセージ

検体の検査から情報処理まで。臨床検査技師の活躍の場は広がっています

臨床検査技師の活躍の場は、病院や地域医療、企業や研究機関まで広がります。学びを深めることで、特に人を対象とした幅広い分野の研究・開発能力を獲得できることから、将来の多様な選択肢がある職種ですよ。

先進国の多くの大規模病院で導入されている、検査システムの開発者の一人でもある片岡教授

片岡 浩巳教授

専門分野/医療情報学(医療データベース、データマイニング、人工知能)、臨床検査
略歴/川崎医療短期大学臨床検査科を卒業後、学位授与機構で保健衛生学士を取得。高知大学大学院理学研究科情報科学専攻修士課程、同大学院理学研究科博士後期課程を修了。博士(理学)。臨床検査技師として実務経験を積み、教職として後進の育成に携わる。高知大学医学部附属医学情報センター 助教を経て現在に至る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

川崎医療福祉大学(私立大学/岡山)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路