• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 洗足学園音楽大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽学部
  • 管楽器コース

私立大学/神奈川

センゾクガクエンオンガクダイガク

管楽器コース

自身の演奏力はもちろん、吹奏楽、室内楽など、幅広い演奏スタイルに精通した、対応力ある管楽器奏者になる!

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 指揮者

    イメージ通りに曲を演奏させるまとめ役

    オーケストラの音色やテンポを図りつつ、全体の演奏をまとめあげていく。指揮者の解釈によって、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるもの。その解釈や奏法を各楽器奏者のメンバーに的確に伝え、全体でまとまるよう指揮をとる。

  • 楽器演奏者

    楽器の高い演奏技術をもち、音楽を創り上げる

    コンサートや楽曲のレコーディングの際に、楽器を演奏する。ジャンルはクラシック音楽やジャズ、ロックなどさまざま。ソロで演奏したり、バンドやオーケストラのメンバーや、レコーディングスタジオのミュージシャンとなって楽器を演奏する。楽器演奏の技術に加え、その楽器をよい音色で奏でるための理論と、楽曲に関する幅広い知識をあわせ持てば、音楽学校の講師として働く道もある。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • 楽器インストラクター

    専門の楽器について、演奏技術を教える

    ポピュラーやジャズ、クラシックなどさまざまな教室があるが、初心者からプロ志向の人向きまでそれぞれのレベルに応じた指導をする仕事。これらの教室は、従来の基礎から入る指導から、個人の希望を取り入れる方向に変わってきている。そこで生徒の希望を取り入れつつ、専門的な知識と技術を教えなければならない。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • 楽器店員・店長

    ピアノ、ギターなどの楽器や音楽に関する広く深い知識が求められる

    ピアノ販売店、ギターショップなどの楽器店で楽器や楽器に関連する道具・アクセサリーなどを販売する仕事。楽器店を訪れる顧客は初心者からプロのミュージシャン・演奏家までさまざま。初心者には、楽器の選び方や扱い方に関するアドバイスが求められ、一方で、プロの専門的な質問にも対応しなければならないので、楽器や音楽に関する広く深い知識が必要とされる。自分自身も演奏の経験があるとプラスだ。店長は仕入れや売り上げの管理、店舗スタッフの管理なども大切な役割。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 219万円 

学科の特長

学ぶ内容

管楽器の幅広い表現方法を身につけ、豊富な演奏機会で自分だけのテクニックを磨く
本コースでは、吹奏楽、室内楽、オーケストラなどの多くの演奏形態を通じ、管楽器の表現技術を習得することが目標です。実践的な授業から、「聴かせる演奏」に必要なスキルを身につけていきます。そして、年間を通して多くの演奏会を経験することで、合奏とソロ演奏の相互関係を実感し、表現方法に磨きをかけます。

授業

さまざまな編成での演奏を経験し、管楽器の魅力と可能性を探る
8種のサクソフォーンと打楽器から編成された「サクソフォーンオーケストラ」や、ピッコロからコントラバスまで使用する「フルートオーケストラ」、英国スタイルの「ブリティッシュ・ブラス」など同属楽器でのアンサンブルや、ベルギーで発祥した「ファンファーレ・オルケスト」など、様々な合奏を経験できます。

学生

オーケストラや吹奏楽、ブリティッシュ・ブラス、室内楽など、演奏の授業が充実!
「管楽器コースの魅力は、オーケストラや吹奏楽、ブリティッシュ・ブラス、室内楽など演奏の授業が充実していること。多くの先生や学生たちと演奏に取り組みながら、強い刺激を受けることができます。1年次からオーディションを受けてオーケストラの演奏会に出ることもできるので、毎日練習に励んでいます」(4年/浦井宏文)

卒業生

多くのスタイルを学んだことが、今の自分のプラスになっています
「指導者の道も念頭に、楽器を演奏する仕事を考えていました。今は陸上自衛隊第1音楽隊で、式典や広報を目的とした演奏をしています。洗足では、吹奏楽やオーケストラ、室内楽など様々な編成での演奏を体験。多彩なスタイルを学んだことが今の自分にとてもプラスになっています」(2008年卒 オーボエ奏者 佐野征児さん)

留学

先生の後押しで海外へ。新たな目標を見つけました!
「スイスのバーゼル音楽院に留学し、勉強する傍ら演奏活動をしています。スイスでは音楽が日常に根付いていると感じます。文化の違いが音楽にも表れていて、その違いに戸惑うこともありますが、毎日が刺激的。今はヨーロッパで活躍したいという新しい目標を見つけました」(2009年卒 スイスバーゼル音楽院 直井紀和さん)

イベント

川崎市内をはじめ、各地のイベントでの演奏機会が豊富
演奏機会の豊富な点も大きな特長です。ここではその一部を紹介します。 「ファンファーレバンド定期演奏会」「洗足の誇る4つの吹奏楽団が集結する『吹奏楽の祭典』」「フェスタサマーミューザKAWASAKI」「ブリティッシュブラス定期演奏会」「レパートリーオーケストラ演奏会」「サクソフォーンオーケストラ演奏会」他多数

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【音楽】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【音楽】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    楽器演奏者 、 楽器店 、 サックスプレイヤー 、 トランペッター 、 音楽教師 、 音楽エンジニア 、 ツアーサポートメンバー 、 スタジオミュージシャン 、 舞台スタッフ 、 企画製作者 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒213-8580 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1
TEL:044-856-2955(洗足学園音楽大学入試センター)
E-MAIL:entry@senzoku.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
溝の口キャンパス : 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1 東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅から徒歩 8分
JR南武線「武蔵溝ノ口」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

洗足学園音楽大学(私立大学/神奈川)