• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 創価大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 理工学部
  • 共生創造理工学科

私立大学/東京

ソウカダイガク

共生創造理工学科

定員数:
100人

人の健康と生活の支援、人と地球環境の共生など、人類の持続的発展に資する新たな科学技術を創造する人材を育成

学べる学問
  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用物理学

    社会に役立つ新技術開発に向けて、物理学の応用研究をする

    超伝導など新しい物質の性質の研究、ミクロより小さい構造をもつ材料の研究、レーザーや光を使った計測技術、知能ロボットや生物の神経回路を真似た情報処理技術などさまざまな研究が行われている。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

  • 金属・材料技術者

    さまざまな金属やセラミックなどの新素材の開発をしたり、製品の製造現場での新しい技術を開発したりする。

     モノを作る現場では、モノを作るための素材が必要になる。機械などの場合は、さまざまな金属やセラミックなどの新素材がそれ。どういう目的で、どんな形状のものを作るかという話になった際、重要なのがこの材料。目的にかなった強度や加工のしやすさ、耐久性など、材料次第でうまくいくことも失敗することもある。しかも、商品にするためには、コスト管理も欠かせない。そのような金属や材料に関しての専門知識を持ち、時には新しい素材の開発を行ったり、加工技術に工夫を凝らしたりするのが金属・材料技術者。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 151万9000円 

学科の特長

学ぶ内容

充実した初年次教育と2年次から深く学ぶ専門領域を決定
1年次から2年次前半では幅広く理工学の基礎を習得。2年次後半からは「応用物理学」「物質理工学」「生命理工学」「環境理工学」の4つの学際領域から自身が探求したい領域を選択し、演習科目や卒業研究を通じて専門性と豊かな発想力を身につけます。

カリキュラム

応用物理学領域
基礎となる力学・電磁気学から宇宙線と宇宙物理まで、また光と物質の相互作用についての物理学を基礎としてレーザ光の応用や光ファイバを用いた高度なセンシング技術も学べます。また、超音波を用いた屋内測位技術について基本的な原理からそこに必要とされる高度な信号処理まで、多彩な内容を学ぶことができます。
物質理工学領域
自然科学の中心をなす学問である化学を基礎から学び、原子・分子の性質や物質の根源および化学反応や化学変化に関する知識を幅広く身につけます。また、世界トップレベルの最新の機器を利用しての新規物質の性質の解明やエネルギー・燃料電池など、化学分野に関係した解決すべき社会的課題への取り組みにも挑戦します。
生命理工学領域
生命の巧妙な仕組みを組織レベル、細胞レベル、分子レベルで学ぶとともに、生物学、微生物学、分子生物学などの実験およびバイオインフォマティクス演習を通して、基礎から応用までのさまざまな実験技術や膨大な情報を管理、解析、活用する技術を身につけます。また医療や農業などへの工学的応用について学びます。
環境理工学領域
自然環境と人類との持続可能な共生は、本学科の大きなテーマのひとつです。この領域では、地球科学的視点から、生態系における生物の多様性と物質循環、自然環境の保全と修復などについて学びます。また、環境に配慮したさまざまな技術開発のための基礎知識と工学的な考え方を養います。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    “人の役に立ちたい”という思いが原点。物質工学で社会に貢献したい

    大学では勉学はもちろん人間性を磨きたいと考えていました。創価大学は、留学生との交流や学生寮での生活、部活動、イベントなど、多様な価値観に触れる機会が多く、柔軟な思考力を養える大学だと思いました。

    創価大学の学生

制度

多様な将来への道が拓けるよう、人材育成とキャリア支援を強化
国際的エンジニアとして活躍したい人のために、海外の大学で理工学分野を学ぶ「海外インターンシップ」を用意。日本の進んだ科学技術を、発展途上国などの人々が直面する課題の克服に役立てられる人材を養成します。また、理科の教員を目指す人向けのプログラムも導入。科学の魅力を伝授できる人材も育成していきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【理科】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【理科】<国> (1種)

目標とする資格

    • 社会教育主事任用資格

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 94.1 %

( 就職者96名/就職希望者102名 )

主な就職先/内定先

    富士通 、 伊藤忠テクノソリューションズ 、 日本通運 、 ANAエアポートサービス 、 関電工 、 三菱電機プラントエンジニアリング 、 ワークスアプリケーションズ 、 日本イーライリリー 、 デル 、 積水ハウス ほか

※ 2017年3月卒業生実績

(工学部としての実績)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒192-8577 東京都八王子市丹木町1-236
理工学部事務室 TEL042-691-9400
nyushi@soka.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都八王子市丹木町1-236 「京王八王子」駅からバス 20分
「八王子」駅からバス 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

創価大学(私立大学/東京)