• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 創価大学
  • 関連ニュース一覧
  • 創価大学、学生が社会・経済問題等を議論する「リードアジア2015」最優秀賞

私立大学/東京

ソウカダイガク

創価大学の関連ニュース

創価大学、学生が社会・経済問題等を議論する「リードアジア2015」最優秀賞
2015/4/22
創価大学経営学部の豊崎万里子さん(3年)が、日中学生交流連盟主催の「リードアジア2015」において最優秀賞を受賞した。

 

「リードアジア」は、日本と中国の学生が、社会問題や経済問題等のテーマについて議論し、互いの文化や考え方の相違などを理解することを目的に、2013年から毎年開催されている。「リードアジア」という名称には、アジアを学び精通することを表す「Read」と、将来アジアを導くことを表す「Lead」の意味が込められている。

 

今回の大会は、内閣府や経済産業省から審査員を迎えて実施。テーマを「中国の高齢者の生活を豊かにする施策」とし、全4グループ(1グループ6名)が発表に臨んだ。豊崎さんのグループは、高齢者が孤立せず安心して生活できる「スマートハウスの普及」に関する提案を行うほか、高齢化とともに団地が老朽化している点にも着目し、「住居・医療・薬局」の機能を合わせた地域づくりのモデルを提示した。

 

審査委員からは、中国での高齢化社会において必要な事業の一つであること、また、コストや課題についても実現可能なビジネスであると評価され、最優秀賞に選ばれた。豊崎さんは、「中国の学生と交流する中で、先入観にとらわれず、あらゆる情報の真偽を自分の目で見て、頭で考え、足を運ぶことが大事であると学びました。今後も視野を広くもち、ビジネスコンテスト等に挑戦していきたいと思います」と述べた。

 

■ニュースリンク先(http://www.soka.ac.jp/news/student/2015/04/9755/)
創価大学(私立大学/東京)