• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 多摩美術大学
  • 在校生レポート一覧
  • 矢島 優大さん(美術学部 統合デザイン学科)

私立大学/東京

タマビジュツダイガク

在校生の学校紹介レポート

右へ
左へ

様々なデザイン領域を統合して学ぶ在校生が、"多摩美"の魅力を紹介!

「ものづくり」が身近な環境で育ち、現在は統合デザイン学科で、グラフィック・プロダクト・情報デザインを横断的に学ぶ矢島さん。「創造的志向があれば、門戸は開かれます」という矢島さんが、多摩美の魅力を紹介!

統合デザインを学ぶ
美術学部 統合デザイン学科
(2019年入学)
矢島 優大さん
  • デザイン業界 志望
  • 静岡県 静岡高等学校 卒
デザインの力で社会の課題を解決する方法を、日々学んでいます

「学力」を活かして入学。多様な人材が集まるキャンパスで学んでいます

世の中の課題を発見し、解決する「デザイン」を学んでいます

新しいものを生み出す意欲さえあれば道は開けます!

父がパッケージデザインの仕事に携わっており、クリエイティブな仕事に興味がありました。美大に興味はありましたが、美大の芸術分野をめざすための特別な実技トレーニングはしておらず、総合大学への進学も考えていました。しかし、学力だけで挑戦できる多摩美の入試方式を知り「コレだ!」と思い挑戦。美大への進学を果たせました。現在はそれぞれに得意分野を持つ仲間に刺激を受けながら、デザインの幅広い領域を学んでいます。

課題解決から発想し、デザインの力で世の中をよくしたい

参考作品に選ばれた段ボールの椅子は、幾何学的思考から着想

得意分野を持つ仲間と触れ合うことが刺激になります!

実技トレーニングを積んできた人たちと肩を並べて学ぶことに不安がありましが、ワークや課題制作、発表を通して、彼らとは異なるアプローチで競い合えることがわかりました。それは「課題解決から入る発想力を持つこと」。モノが世の中に受容され、流通するには「美しさ」や「格好良さ」も大事ですが、「世の中の不自由さをどのように解消したらよいか…」という「仕組み」を起点に考える方法もアリなのではないかと思います。

横断的に学ぶことで「真に興味がある道」を探せる醍醐味

地理的高低差まで表現したマップは災害時の避難経路確保を意識

同じ学科の仲間たちと個人的に作品をつくり、展覧会を企画中

最近興味が出てきたのは「情報デザイン」と「生態心理学」です。例えば高速道路で、あるデザインを見せたり、特定の空間に誘導することで、減速を促すことができるんですよ。視覚から得た情報を、心理に作用させるわけです。このようにデザインの力で社会課題を解決できることは素敵なことだと思います。デザイン領域を横断的に学ぶことで、興味の対象を広げていけることが、「統合デザイン学科」の醍醐味だと思います。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

多摩美術大学(私立大学/東京)