• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 第一薬科大学
  • 先生・教授一覧
  • 古賀 多津子助教(臨床薬学、地域医療薬学)

私立大学/福岡

ダイイチヤッカダイガク

こんな先生・教授から学べます

病院での経験を活かし、未来を見据えた指導を行う先生

臨床薬学、地域医療薬学
薬学部 薬学科
古賀 多津子助教
先生の取組み内容

現場の経験が活きるのは、実務実習前の指導です。実務実習は病院や薬局など現場を経験できる貴重な機会ですから、私自身の経験だけでなく医療の現状を見極めて授業内容を組み立てます。例えば初の実習を控えた4年生には現場に限りなく近い授業を実施。今はまだ薬剤師がするのは珍しい心音聴取や血圧測定などバイタルの確認も、10年後を見据えて取り入れています。他にも1年生の時から生涯学習の必要性について伝えるとともに、医療概論の授業では、現役の薬剤師や患者様など様々な立場の方をお招きし、薬剤師の使命や役割を伝えています。今は「地域医療薬学センター」所属のため、地域の方へ情報を還元できるよう、高齢者の骨密度や若者の喫煙に関するデータ収集・分析、公開講座の開催なども行い、大学と地域を結ぶ役割も担当しています。

収集したデータをもとに、学生がまとめたレポートをチェック。学会でも発表する重要な情報です

授業・ゼミの雰囲気

見つめるのは、今だけでなく10年後。時に厳しい指導を通して「患者様に求められる薬剤師になってほしい」

一人ひとりと真摯に向き合う。薬剤師時代に築いた古賀先生のスタンスは、今も変わらない。例えばレポート一つをとっても、正式な場でも発表できる品質になるまで、何度でも書き直すよう指導する。「厳しいようですが、薬や患者様の症状は時代と共に進化し、それを扱う薬剤師は一生学び続けなければいけません。学生時代に基礎力を磨いて患者様に選ばれる薬剤師になってほしい」のだそう。またレポートを修正する際に「どうしたら読み手に伝わるか」を話し合うプロセスは、薬剤師に欠かせないコミュニケーション能力の向上に繋がっている。

就職の相談に訪れる学生も多く、「時間がかかっても、一人ひとりをフォローする」ことを大切にしている

キミへのメッセージ

薬剤師に必要なのは、学力よりも強い思い。努力を続ければきっと道が開ける

勉強が苦手だからといって、夢を諦めないでください。第一薬科大学では、多くの先輩が苦手を克服し薬剤師国家試験合格を掴んできました。「薬を通して患者様に貢献できる喜び」は、かけがえのないものですよ。

薬剤師時代、患者様に「最期までみて」と言われるほど信頼されていた薬のプロ。今はその温かさを教育に注ぐ

古賀 多津子助教

第一薬科大学を卒業後、九州大学病院に17年勤務。その後勤めたハッチェリー薬局では、患者様のQOL(生活の質)向上を目指して責任を持って薬物治療を提供する「ファーマシューティカルケア」を実践。その一方で薬剤師会においては、学校薬剤師委員として活動し、学校環境衛生や薬物乱用防止教育、禁煙教育に携わっている。現在は実務実習事前指導を行うことから学生からの信頼も厚く、進路選択のアドバイスも行う。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

第一薬科大学(私立大学/福岡)