• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪経済法科大学
  • 新増設企画
私立大学/大阪
新しい学部・学科・コース
2019年度入学から対象
大阪経済法科大学
経営学部/経営学科

2019年4月設置予定(構想中)
所在地〒581-8511 大阪府八尾市楽音寺6-10
お問合せ先入試課 TEL:0120-24-3729 (フリーダイヤル)
ホームページhttp://www.keiho-u.ac.jp/
E-MAILnyuushi@keiho-u.ac.jp

新時代のビジネス環境に対応する、本格的な経営学部がスタート。

Photo
IoTやAI等の技術革新により、ビジネスにおける従来の方法論は次々と「過去のもの」になりつつあります。そんな新時代のビジネスで発揮できる知識と能力を備えた人材育成に向け、新しい経営学部を開設予定です。
report1学ぶスタイル

リアルな「体験」から、自分の興味や課題を次々と発見。学ぶ意欲が、おのずと高まっていく。


Photo

1年次から少人数ゼミで多彩なアクティブラーニングを実践

経営学を学んでいく上で大切なのは、まず実際に体験してみて、興味や好奇心をふくらませることです。そこで、従来は2年次からの専門ゼミを、新学部では1年次より開講。20人以下の少人数ゼミで、実際の企業との連携によるPBL(課題解決型学修)など、ビジネスのプロセスを体験できるアクティブラーニングに全員が取り組みます。商品企画やイベント運営などを楽しく実体験しながら学ぶなかで、数多くの発見や気づきが得られるでしょう。「こんな知識があれば、もっとうまくできたのでは?」と、以降の学修課題も見えてくるはずです。その「学びたい」という意欲は、充実した本格的な経営学の専門科目群が満たしてくれます。



学部生全員が参加するインターンシップ(就労体験)

将来の進路を切り拓く力を養うためのキャリア形成科目も充実。1年次の「ビジネスキャリア基礎」に始まり、4年間を通じてのビジネスキャリア学修に取り組めます。さらに新学部では、インターンシップをキャリア形成の授業の一環として必修化。社会での仕事を実体験できるインターンシップは、実際の企業活動や実務を理解する絶好の機会です。メーカー、流通、銀行、マスコミなど、多彩な受け入れ先企業を確保していますので、そのなかから自らがめざす将来をふまえ、希望のインターンシップ先を選ぶことができます。業界ごとのリアルな仕事の現場にふれるといった貴重な体験を通じて、就職に対する自信も、おのずと高まります。


Photo

report2学ぶ内容

コースごとの専門科目で本格的な経営学の知識を養い、BLP特別演習で社会での実践力を磨く。


Photo

2年次からは希望進路に応じて4つのコースに分かれて学修

めざす将来にあわせ、2年次から選択できる4つのコースを用意。それぞれ本格的な専門科目を豊富に設置しています。「ビジネスデザインコース」では、企業の企画・営業・海外部門や起業家をめざし、経営戦略・経営管理を学修。「組織・人材マネジメントコース」では、経営組織や人的資源の開発について学び、企業の総務・人事部門や人材関連ビジネス、社会保険労務士などがめざせます。「企画マーケティングコース」では、商品の企画開発や広告、流通・販売などの分野で、マーケティングの知識を発揮できる人材を育成。「会計専門職コース」は、公認会計士や税理士の国家資格試験合格や、企業の経理担当などをめざすコースです。



実践的なビジネススキルをBLP特別演習で磨く

企業との本格的な協働プロジェクトによるPBL(課題解決型学修)に取り組む「ビジネスリーダープログラム(BLP)特別演習」。市場調査や調査結果の分析、課題の抽出、課題解決のための製品開発やプロモーション企画などを行い、企業に提案する、といったビジネスプロセスを体験するなかで、生きた経営学が学べる授業です。実際の製品化やプロモーションイベント開催などに至るケースも多く、例えば八尾市の伝統文化「河内木綿」を製品化して地域活性化に貢献するプロジェクトなどが進行中。ビジネス理論も並行して深く学び、論理的思考力やリーダーシップ、交渉力、課題解決力など、実社会で通用するビジネススキルが着実に身につきます。


Photo

report3トピックス

公認会計士や税理士の資格取得やグローバルビジネスを視野に入れた学びの体制も充実。


Photo

「3年連続公認会計士現役合格」の実績を支える特別演習とSコース

「会計学特別演習」は、公認会計士や税理士などの会計専門職をめざす学生のための演習。実在する企業の財務分析など、実例ベースで会計学への理解を深めます。グループワークやプレゼンテーションなどを通じて、自発的に考え、行動しながら学ぶなかで、多角的な視点やコミュニケーション能力など、将来、会計のプロとして活躍するために必要な実践スキルを養う授業です。一方、Sコース(特修講座)は4年間受講料無料の課外講座で、資格試験対策に特化した学修を展開。このSコース「会計職講座」と特別演習との連携により、新学部の前身となる経済学部・経営学科では、2014年度~16年度にかけて、3年連続で公認会計士現役合格者を輩出しています。



実践的な英語力が磨ける海外体験学修プログラムも多彩

大阪経済法科大学が独自に築き上げた国際ネットワークは、世界25ヵ国・地域、63大学・研究機関。トロント大学(カナダ)、ロンドン大学SOAS(イギリス)、北京大学(中国)など、世界的に知られた名門大学が名を連ねます。このネットワークを最大限に活用し、本格的な留学や短期の海外語学研修など、多彩な海外体験学修プログラムを展開。現地で英語での実践的なコミュニケーション力や国際感覚を養うための学修機会を、豊富に用意しています。さらに国内の授業でも、ビジネス英語を学ぶ科目や、英語での経営学の講義科目などが充実。これからの時代のビジネスに不可欠な英語力を、着実に身につけることができます。


Photo


※ 2019年4月以降に設置される学校・学部・学科等の名称・内容は、予定につき変更される場合があります。
大阪経済法科大学(私立大学/大阪)