• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪経済法科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 百恵さん(経済学部 経済学科/地方公務員)

私立大学/大阪

オオサカケイザイホウカダイガク

府民の皆様の「ありがとう」という言葉が嬉しいです

先輩の仕事紹介

府民の方々の暮らしを支える、さまざまな職務を経験し、成長を重ねています。

地方公務員
経済学部・経済学科/2015年3月卒
田中 百恵さん

この仕事の魅力・やりがい

大阪府職員として働いています。現在の配属先は、都市整備部で、大阪府の管轄下にある府道や二級河川について調査し、整備や補修などの対応について検討する、といった役割を担っています。道路や河川の周辺住民の方々からご要望をうかがうなど、府民の方々と直接ふれあう機会が多く、「傷んでいた道がすっかりきれいになったよ、ありがとう」などといったお言葉をいただくことができるのが、何よりのやりがいです。土木工事に関する専門知識など、仕事を進めていく上で学ばなければいけないこともたくさんありますが、府民の皆様の暮らしに役立つことができていると思うと、自然にやる気が高まります。

学校で学んだこと・学生時代

生まれ育った街のために役立ちたいという想いがあり、大学入学前から「将来は公務員」と考えていました。大阪経済法科大学に進学したのは、公務員採用試験の合格実績が高いからというのが一番の理由。大学では、「Sコース(特修講座)」を受講し、公務員採用試験に必要な知識を、4年間を通じて段階的に学びました。公務員志望の学生は法学部を選ぶ人が多いですが、私は「会計の勉強もしたい」と考えて経済学部に入学。授業での学びを通じて日商簿記検定試験2級にも合格し、一方で大阪経済法科大学独自の「経法相互乗り入れ制度」を活用して法学部の科目も履修するなど、学生時代は現在の仕事につながる学修にしっかり取り組むことができました。

これからかなえたい夢・目標

行政職は、2~3年おきに部局を異動するので、これからはさまざまな職務を経験するというキャリアパスをたどることになります。大阪府にはたくさんの部局があり、幅広く多岐に渡る仕事を経験できるというのは、私にとって魅力的なことです。大学では生活保護などの社会保障をテーマとした研究に取り組みましたが、その成果を発揮できる部局で働ける機会もきっと訪れるでしょう。大阪府のマスコットキャラクター「もずやん」で盛り上がっている、広報の仕事にも携わってみたいという想いもあります。そうしてたくさんの経験を積みながら、府民の方々の暮らしを支える存在として、どこまでも成長を重ねていくことが目標です。

田中 百恵さん

大阪府職員(現在の配属先は都市整備部)/経済学部・経済学科/2015年3月卒/公務員だった祖父の影響もあり、幼い頃から公務員に親しみを感じ、自分の将来の仕事としてなんとなく意識していたという田中さん。趣味はフルート演奏。学生時代には仲間たちとともに、学園祭などで吹奏楽の美しいアンサンブルをたびたび披露していました。学外の吹奏楽団にも所属し、今後もフルート奏者として、仕事以外の面でも充実した毎日を過ごしたいと考えているそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪経済法科大学(私立大学/大阪)