• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪経済法科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 奥田 泰裕 さん(経済学部 経済学科/医薬情報担当者(MR))

先輩の仕事紹介

人々の健やかな日々を支えるため、医療従事者と医薬品をつないでいます

医薬情報担当者(MR)
経済学部 経済学科/2008年3月卒
奥田 泰裕 さん

この仕事の魅力・やりがい

MR(医薬情報担当者)の役割は、医療従事者に医薬品の情報を提供し、適正に使用してもらうことで患者さんの治療に役立てていただくことです。毎日病院を訪問し、医師や看護師、薬剤師の方々に自社の医薬品情報を紹介したり、安全性について説明しながら、営業活動を行っています。お客様との信頼関係を築くには、医療の専門知識に加え、相手のニーズを引き出す質問力や、何気ない表情や言葉から本題や本質を捉える洞察力が必須。そのため、コミュニケーションの大切さは常に感じるところです。そんな中で、自社の医薬品で患者さんの病状が快復したという話を聞くと嬉しいですね。今後もより多くの人々の健康を支えたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

実は就職活動をするまで、MRという職業について知りませんでした。興味を持つきっかけになったのが、企業の合同説明会です。話を聞く中で、文系の自分でも医療分野に携わり、困っている人の力になれるなら、ぜひこの仕事に就きたいと思うようになりました。医療分野の専門的知識がより求められる職種であったため、多少の不安もありましたが、それを支えてくれたのが大学の方々でした。経法大は、普段から先生や職員の方と、学生との距離が近く、就職活動の際も一人ひとりの状況に応じた親身な個別相談や面接指導をしていただきました。その甲斐もあり、無事念願の会社に内定。希望の職業に導いて頂いたことに、感謝しています。

これからかなえたい夢・目標

会社から売上を求められる「営業職」という立場からの目標で言えば、入社3年目から担当をしている大学病院で、より高いレベルで成果を上げることです。大学病院は医薬品の売り上げの中でも大きな割合を占めるため、重責ではありますが、周りの期待に応えていきたいです。また、規模の大きな病院で成果を上げるということは、より多くの医療従事者と患者さんに貢献できるということ。仕事を通してたくさんの人々の健康に貢献できればと考えています。もうひとつの目標は、後輩からめざしてもらえるようなMRになることです。常に向上心を持って仕事に取り組むことで、後輩たちの指針になれるような先輩になりたいと思っています。

奥田 泰裕 さん

大塚製薬株式会社/経済学部 経済学科/2008年3月卒/“ものまねをしない”で独自に研究・開発した製品を世の中に届けることで社会・健康に貢献していく、という大塚製薬の企業姿勢に共感した奥田さん。現在MRとして働く中で、特にお客様と密にコミュニケーションをとることを重視しています。「私がMRとして実績を積むことができているのは、大学時代に、人と人とのつながりの大切さや、互いに認め合うことの重要性を学んだから。『成すべきことに全力投球する』という力を4年間で身につけることができました」。大学では野球部にも所属しており、その際培ったチームをまとめる力やコミュニケーション能力は、今の仕事にも役立っているそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪経済法科大学(私立大学/大阪)