• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪経済法科大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石谷 将太さん(法学部 法律学科/法務)

先輩の仕事紹介

法律の知識と語学力を活かし、グローバル企業の発展に貢献したい

法務
法学部 法律学科/2014年3月卒
石谷 将太さん

この仕事の魅力・やりがい

ネットショッピングなどのさまざまなインターネットサービスの運営で知られる楽天株式会社の法務部で、ユーザー向けの利用規約や企業間取引の契約書作成に携わっています。高校時代には、大学で強みを身につけ世界で活躍できる人材になることが夢でした。そこで考えた強みは法律と英語。経法大に在学していた時は、法律の学修に励むと同時に英語の学修にも力を入れました。卒業後は法律の専門性を高めるため、米国のテンプル大学ロースクールへ。自分の強みに磨きをかけ、ようやく今、夢へのスタートラインに立ちました。今後は前進あるのみ。企業法務家として、国内外に多様な事業を展開する楽天で活躍できるよう日々精進しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

企業内弁護士になることをめざしていた私は、卒業後は法科大学院進学も考えましたが、大学院卒業までに2~3年かかってしまうなど、社会に出るまでに膨大な時間がかかることを懸念していました。そんな時、相談にのってくれたのがゼミの先生。米国のロースクール進学をうまく活用すれば、20代前半で実務の場に出られると教えていただき、渡米を決意しました。このような大胆な決断ができたのは、大学時代に法律だけでなく国際教養も身につけられたからだと考えています。1、2年生での海外体験を通して、高度な語学力はもちろんグローバルな視野で物事を捉えられるように。私にぴったりの進路に導いていただいた先生にも感謝しています。

学校で学んだこと・学生時代

私を大きく成長させてくれた経験の一つが、海外体験学修プログラムです。一番印象に残っているのが、1年生の時に参加した国際交流セミナー。初めての海外で、他国の学生の英語力の高さや知識の豊富さに圧倒され、悔しさでいっぱいになったことを覚えています。だからこそ、帰国後は自分の弱点を克服できるよう必死に努力しました。何ができて何ができないのかを明確にし、一つひとつ取り組んだことで、最終的には同様のセミナーでリーダーを務めるまでにレベルアップ。何事も真摯に取り組むことの大切さを身を持って学びました。やるべきことに集中して課題をクリアしていくことで、着実に目標に近づいていくという姿勢は、現在も変わりません。

石谷 将太さん

楽天株式会社/法学部 法律学科/2014年3月卒/経法大を卒業後、米国・テンプル大学のロースクールに進学。その後、楽天株式会社へ入社し、念願の企業法務として活躍する今、経法大での海外体験はとても貴重だったと振り返ります。「入学当初は法律を学ぶことしか頭にありませんでしたが、1年生の時に参加した国際交流セミナー、2年生でロンドン大学SOASへ留学できたことを通して価値観が大きく広がりました」。ロンドンからの帰国後はTOEIC(R) LISTENING AND READING IPテストで900近いスコアを達成。企業法務として働く上で、グローバルビジネスに力を注ぐ楽天を志望したのは、大学で法律だけでなく語学力や国際教養が磨かれた影響もあるようです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪経済法科大学(私立大学/大阪)