• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 大阪
  • 大阪芸術大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 宇野 宏美さん(芸術学部 舞台芸術学科/セットデザイナー)

私立大学/大阪

オオサカゲイジュツダイガク

TBS内にデスクがあり、そこで図面や模型作りをします

先輩の仕事紹介

TVやコンサートの美術セットを担当。手掛けたものが全国に配信される喜びがあります

セットデザイナー
舞台芸術学科 舞台美術コース/2005年卒
宇野 宏美さん

この仕事の魅力・やりがい

TBSテレビ「ひるおび」「CDTV」など、バラエティ番組や歌番組などの美術デザイナー(セットデザイナー)をしています。打ち合わせ、セット模型作り、セットの建込みなど、仕事は多岐にわたります。2時間のオンエアのために何ヶ月もかけて準備し、終了後はすぐにセットをバラして…ということも。しかし、アーティスト本人から「セットすごい!」「次のジャケットはこのセットのようにしたい」と褒めていただくこともあり、苦労が報われる瞬間ですね。自分の描いたセットの中で何百人ものスタッフの方が具現化して下さり、そこに演者やアーティストが立ち、全国に配信される…。何度経験しても感動し、感謝の気持ちでいっぱいになります。

業界ココだけ話!

中学時代に、当時放送されていたTBS「うたばん」などの音楽番組を夢中で見ていました。「どうしたらこの世界に関われるか」と考えたときに、得意だった美術を活かしてテレビの美術職を目指そうと決意。現在の会社も「うたばん」に関わりたい一心で応募し、見事入社。セットに関わることもできました!当時は狭き門だったこの仕事ですが、現在は仕事の幅が広がっているおかげで当社もスタッフの採用に力を入れています。特に男性スタッフは少ないので、どんどん挑戦してほしいですね。不規則ではあるものの、スケジュールは裁量にまかされているので、一人前になればスケジュールなども自分次第。そんな自由さも魅力の一つだと感じます。

数ミリ単位の作業は時に孤独。完成してこそ報われる!

学校で学んだこと・学生時代

舞台やテレビの専門的な知識や用語、建築用の技術や尺貫法など、この業界で働くにあたっての基礎をたくさん吸収できた4年間でした。アイデアを生み出すための手法のひとつとしてマインドマップを教えていただいてからは、ぐっと視野を広げてアイデアを出すことができるようになり、現在仕事するときも活用しているほどです。業界で活躍されている先生方の存在も大きかったですね。先生のつながりで読売テレビのバックステージを見せてもらえたこともあり、「私はやっぱりこんな世界で働いていきたい!」と、確信を持ったことを覚えています。今でも当時の先生方とは交流があり、仕事について情報交換できるのも楽しい時間なんですよ。

フジテレビで収録している『潜在能力テスト』の建て込みの様子。他局の番組に関わることもあります。

宇野 宏美さん

株式会社 アックス メディアデザイン部/舞台芸術学科 舞台美術コース/2005年卒/香川県出身。大阪芸大卒業後、TBSの子会社であり、美術や音響などを手掛ける(株)アックスに入社。新人時代には、幼い頃から憧れていた「うたばん」のセットにも関わる。現在は「ひるおび」「CDTV」に加え、数々のテレビ番組、ライブやコンサートの美術デザインを担当。2017年に「日本有線大賞」や「音楽の日」などの空間構成が評価され、テレビや舞台における美術に貢献した人に送られる伊藤熹朔賞(新人賞)を受賞。「幅広くねらいを具現化できる存在として将来にわたり活躍が期待される」と、高い評価を得る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪芸術大学(私立大学/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路