• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪産業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 機械工学科

私立大学/大阪

オオサカサンギョウダイガク

機械工学科

募集人数:
105人

産業機械からロボットまで、暮らしを支える「モノづくり」のプロとして、あらゆる分野で活躍できる人材を育てます

学べる学問
  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    実験や実習を多用して、材料の物性や構造を知り、人類にとって必要な機能と性質を持った材料・新素材を開発し実用化をめざす学問。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 精密機械技術者・研究者

    電子・光学技術や知識を活かし、カメラ、時計、望遠鏡、顕微鏡、測定器などの精密機械の研究・開発をする。

    精密機械は現在の生活の中では欠かせない。例えば携帯電話にはデジタルカメラが付き、当たり前のように日常生活の中にある。また、医学の世界では極小化するカメラや高性能の顕微鏡、精度の高い測定器などによって飛躍的に治療や診断、手術の方法なども変化している。これらの精密機器の設計、開発、製造管理などを行うのが精密機械技術者。精密機器メーカーで活躍するのが一般的で、営業などと組み、どのような商品をどういう目的でどのくらいの形状にしたいかなど、十分に打ち合わせをして製作する。

初年度納入金:2018年度納入金 142万1000円  (※諸会費は別途納入が必要です。)

学科の特長

学ぶ内容

【機械エンジニアになりたい】機械工学の基礎領域の学習から希望の分野へと学びをシフト
機械エンジニアやシステム開発者に必要な実践力を養うため、まずは機械工学の基礎を固めます。1・2年次では物理学や数学などの基礎科目と、「機械力学」「材料力学」「流体力学」「熱力学」などの力学部門を学習。その上で、機械材料や加工技術、新素材の研究など、興味のある分野へと学びをシフトしていきます
【メカトロニクスの分野で活躍したい】加速する情報化に対応できる情報能力と柔軟な思考を体得
現代の工業製品の生産にはコンピュータが不可欠です。実践学習で技術者に必要な情報能力を高めるとともに、機械工学の知識を習得。さらに柔軟な思考力を育み、人工知能やロボット工学に活かします。また、多彩なグラフィック表現やマクロを用いた高度なデータ処理も習得。実践学習を重ねて、ITの活用法を学びます
【人にやさしい機械の開発をめざす】快適さと使いやすさを考えた新しい機械の開発に挑戦
オフィス用途や科学技術分野のデータ処理に使われる表計算プログラム「Excel」を学習。体験型学習では、機械技術者として必要なものづくりの基礎から学び、実際の設計でメカトロ制御について学びます。また、高齢化社会に求められる利便性を考えるため福祉工学を学習。将来を豊かにする新しい機械開発にチャレンジします

授業

ロボット製作や製図などの豊富な体験実習で、実践力を強化
1年次の「学科入門ゼミナール」で、大学での単位の取り方から、機械工学とは何をどのように学ぶのかまで、色々な角度から学習します。また、3年次の「創造設計」では、「CAD・設計」「ロボット・メカトロ」「ものづくり」の3分野に分かれ、ロボット製作や製図などを体験し、モノづくりのプロセスを理解します

実習

数学や力学を徹底的に学び、体験型学習で実践力をアップ
製図、設計、加工方法など、機械技術者として必要なものづくりを基礎から学び、工作機械を使って、モノづくりの楽しさを体感します。次に、メカトロ制御の基礎を学習し、プログラミングやCADを利用した製図なども行います。さまざまな分野で機械工学を研究し、信頼される機械エンジニアをめざします

研究テーマ

設計や製図など体験学習で身につけた豊富な知識を活かし、エンジニアとしての研究が可能
「摩擦圧接法によるアルミニウム平板の接合」「マイクドリルによるビスマス入り黄銅の切削挙動」「斜面での逆走防止機構を設けた車輪の開発」「Tb,DyおよびYb賦活によるCaF2の熱刺激発光」「流体バランサの改良に関する研究」など、ものづくりの視点で捉えた研究テーマを深く追究できます

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【工業】<国> (一種※1) 、
  • 社会福祉主事任用資格 (※2)

※1 教育課程の所定科目単位の修得が必要。
※2 認定要件および所定科目単位の修得が必要。

目標とする資格

    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • 機械設計技術者 、
    • 技術士<国> 、
    • 技術士補<国> (※機械部門) 、
    • 管工事施工管理技士<国> (一級・二級)

    非破壊検査技術者 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)IHI 、 日本郵便(株) 、 日亜化学工業(株) 、 (株)きんでん 、 (株)エクセディ 、 ダイベア(株) 、 (株)ユーシン精機 、 三菱電機エンジニアリング(株) 、 防衛省 、 大阪府教育委員会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒574-8530 大阪府大東市中垣内3-1-1
入試センター tel:072-875-3001(代)
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大東市中垣内3-1-1 「住道」駅からシャトルバス 大阪産業大学前下車 15分
「野崎」駅から徒歩 15分
「新石切」駅から産業大学前行 近鉄バス 10分
「四条畷」駅から瓢箪山駅行 近鉄バス 11分
「瓢箪山」駅から住道駅前行または四条畷駅行 近鉄バス 20分

地図

 

路線案内


大阪産業大学(私立大学/大阪)