• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大谷大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 真砂 祐樹さん(文学部 歴史学科/地方公務員)

私立大学/京都

オオタニダイガク

史料の調査など、学んだ知識が生かせています

先輩の仕事紹介

ふるさとの文化財に光をあて、地域や人々を支援するこの仕事にやりがいを感じています

地方公務員
文学部史学科(現:文学部歴史学科)/2010年3月卒業(大学院:2012年3月修了)
真砂 祐樹さん

この仕事の魅力・やりがい

小豆島町の社会教育課で文化財を一人で担当しています。たとえば、小豆島の「農村歌舞伎」。これは国から「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に認定され、その魅力や歴史について保存会や外部有識者などの協力をいただいて調査しています。こうした文化や景観といった文化財については、地域の「我々の誇りを守っていこう」という機運が大切で、そこに文化財保護法を適用して保護していくのが私の仕事です。このように生まれ育った地域の歴史・文化に最前線で接したり、新たな分野を開拓したりする仕事を通して、ふるさとの魅力の創出に少しでも貢献できることは、大きなやりがいになっています。

学校で学んだこと・学生時代

図書館で友人とおもしろそうな本を探したり史料を読んだりするほかに、蔵書点検のアルバイトもしていたので、図書館に入り浸りの毎日でした。その際に得たノウハウ(必要な情報を集めること)は、現在、非常に役立っています。そして、情報収集に限らず、古文書や史料の解読も含めて大学で学んだ史学の知識は大きな強みで、だからこそ、今の部署に配属されたのだと思います。また、歴史学科にはいろんな関心をもつ学生が多く、彼らの話を聞くことで自分も多様な分野に興味をいだくようになったことは、幅広い分野を擁する文化財を担当するうえで生きていると感じています。

イベント等の企画の仕事も多い

これからかなえたい夢・目標

地域の文化財は保護や調査の対象ですが、近年は地方創生の流れのなかで、地域の活性化や観光の中核となる文化・歴史が重視され、文化財も活用していこうという方向に変わりつつあります。小豆島町もやはり過疎等が進んでいるので、歴史や文化等に対する町民の意識を高めて、元気のある町を作っていきたいと思います。そのために、テーマをもって地域の文化・文化財の調査を行い、小豆島の新たな魅力を見出し、また観光や企画担当と連携して、町民が誇りをもって地域を大切にしていくような町づくりや活性化につなげていければと考えています。

文化財への関心がより高まるよう、常に考えています

真砂 祐樹さん

小豆島町役場 教育委員会事務局 社会教育課勤務/文学部史学科(現:文学部歴史学科)/2010年3月卒業(大学院:2012年3月修了)/歴史を学ぶなら京都だと考えて大谷大学に進学。図書館司書の資格を取得。大学院修了後、採用試験の「図書館司書」枠で合格するが、社会教育課に配属となる。「文化財というとモノだけが対象の仕事のように思われますが、その向こうには、所有者や愛好家、県や国の担当者といった多くの『人』がいる。それを常に意識するようにしています。時には1日中島の石造仏を調べにまわったり、史料を調べたりすることができればいいなと思っています。好きなことを仕事にできたのは幸せなことですね。」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
学校イメージ

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大谷大学(私立大学/京都)