• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 京都
  • 大谷大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 乾 香奈子さん(教育学部/小学校教諭)

子どもたちの表情をしっかり見ながら授業を行う

先輩の仕事紹介

「今日の授業はおもしろかった!」。そんな子どもたちの言葉が喜びです。

小学校教諭
文学部 教育・心理学科(現:教育学部)/2013年3月卒業
乾 香奈子さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、京都市立の小学校で勤めています。クラスの子どもたちの顔を思い浮かべながら、教材等の準備をして授業をすることが何よりの楽しみです。「ふだんは学校のことを話さない子どもが今日の体育の授業はおもしろかったと話してくれました」と保護者の方から言葉をいただいたり、勉強が苦手だった子が意欲を見せ始めたり……。そんな子どもたちの成長の手助けをしながら、自分自身もその姿から日々学んで成長できることがやりがいです。また、クラスみんなの気持ちをくみ取っていきたいと思い、授業では一人ひとりの表情をよく見て、休み時間にはできるだけ子どもたちと関わって信頼関係を築くよう心がけています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

教員という仕事には関心があったものの、大学への入学当初は人前に立つことが苦手でした。私が教員になろうと決心したのは、大学での学びはもちろん、小学校での学校ボランティアや総合育成支援員、教育実習などで実際に子どもたちと接する体験をしたことが大きいですね。ほかにも、地域の子どもたちとの交流イベント「おおたにキッズキャンパス」での子どもたちとの火おこし体験や幼稚園でのトーンチャイムの演奏会など、在学中のさまざまな活動のなかで子どもたちの生き生きとした姿を見て、ともに学びながら、そのこころや可能性を育てていけるような小学校の先生になりたいと思うようになりました。

授業力を高めるために教材研究などに努めている

学校で学んだこと・学生時代

大谷大学の先生は、小・中学校での現場経験が豊富な方々。特別教室を使った模擬授業も多く、指導の仕方や教材研究などはとても勉強になりました。とくに、子どもと関わるときには、共感的に理解する(まず話を聞き、否定しない)ことが大切であるといったアプローチの仕方は今でも強く意識しています。また、採用試験対策として、面接や集団討論の練習、指導案を立ててクラスメートの前で行う模擬授業などのサポートがあったことが役立ちました。そして、教員を目指すクラスメートは、授業の練習をしたり、夏休みにも集まって勉強したりとお互いを高めあえる存在。学生全員で運動会を企画・運営するなど、楽しい思い出もいっぱいです。

音楽室や理科室などの特別教室で実践的に学習

乾 香奈子さん

京都市立小学校勤務/文学部 教育・心理学科(現:教育学部)/2013年3月卒業/教育と子どもの心理が学べることが魅力で大谷大学へ。「特別教室をはじめとする充実した施設や学校ボランティアなど、現場経験を積める活動にも惹かれました」。大学時代は、教員になるためにもいろんな体験をして視野を広げたいと考え、サークル活動やボランティア活動、アルバイト、遊びにと多忙な毎日を送る。在学中に小学校教諭免許状(1種)、学校図書館司書教諭免許状などの資格を取得。卒業後、2年間、講師を経験後、教員になる。土曜日は授業の準備や教材研究、日曜日は友だちと会うなどリラックスした一日を過ごすようにしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大谷大学(私立大学/京都)