• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中央学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 商学部
  • 国際ビジネスコース

私立大学/千葉

チュウオウガクインダイガク

国際ビジネスコース

海外マーケティングや貿易の仕組みを学び、ワールドワイドなビジネスに役立つ能力を養成

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

目指せる仕事
  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 商品バイヤー

    売れる商品を発掘し販売量を予測。交渉力を発揮し有利に買い付ける

    会社やショップなどで商品の仕入れを専門に担当する人。売れ筋商品を発掘し、販売量を予測し、できるだけ安く仕入れられるよう交渉する。海外の商品を買い付ける場合は、英会話はもちろん貿易に関する専門知識、為替知識も必要になる。

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 134万8160円 

学科の特長

学ぶ内容

コミュニケーションに基づく異文化理解
例えば、アメリカ同時多発テロ。国と国、文化と文化のコミュニケーションの難しさを浮き彫りにしたこの事件を題材にとり、異文化理解の重要性を学んでいきます。国際ビジネス、国際マーケティング、異文化コミュニケーションを学び、将来は商社や貿易会社、外資系企業などを目指します。

カリキュラム

国際ビジネスに関する3つの側面をベースに、経済活動を国際的な視野で捉える能力を養成
経営・マーケティング・国際金融を軸に、国際ビジネスを体系的に学習。輸出入などの国際ビジネスの基礎から国際社会を対象としたマーケティングの知識、さらには語学やコミュニケーション能力まで、豊かな国際センスと幅広い知識を習得します。「マーケティング・ビジネス実務検定」等の受験に向けた対策も実施しています。

実習

現場の空気を肌で感じる海外研修
希望者を対象とした10日程度の海外研修を実施します。過去にはフランスやイタリアに籍を置く日本企業の現地法人を訪れました。研修前には現地や企業の調査を実施。研修後には体験や見聞をもとにした報告書を作成することで、体験をより確かな知識として蓄えていきます。

ゼミ

ゼミの仲間や教員との深い関わり合いの中で、共にシンカを図る少人数制授業
1年次に全員が「プロゼミナール」に所属し、大学で勉強するための基礎を学びます。この際の指導教員がその後もアカデミック・アドバイザーとして、担任のような存在に。2年次からは基本的に同一の指導教員のもとで研究を進め、卒業論文をまとめます。ゼミ合宿やOB・OGを招いた交流会もあり、深い交流を味わえます。

学生

「国際視野で市場戦略を学んでいます。留学生との交流も」 R・Iさん
「国際マーケティングの分野に興味があるので、このコースを選びました。今は、未開拓の市場で新たな価値を作る『ブルーオーシャン戦略』について調べています。実は英語が苦手で、留学生の友人に支えてもらいながらコツコツと勉強しています!」

制度

不安な大学生活もスタッフが個別で新入生をサポート
入学後すぐに行われる「プライムセミナー」では、履修方法や施設の利用法など、大学生活を楽しむヒントを伝授します。先輩たちがセミナーのスタッフとなり相談コーナーやレクリエーションなどおもしろい企画をたくさん用意しているので安心!セミナーを通じて交流が広がり、大学生活が楽しいものになるでしょう。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【商業】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種) 、
  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    東京ガス 、 ビックカメラ 、 ドトールコーヒー 、 積水ハウス 、 住友林業 、 三井住友建設 、 横浜銀行 、 東京ベイ信用金庫 、 下野新聞社 、 柏市消防本部 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(学部全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒270-1196 千葉県我孫子市久寺家451
TEL:04-7183-6516(直通)入試広報課
E-mail:koho@cgu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千葉県我孫子市久寺家451 「我孫子」駅から北口発 無料スクールバス 約5分
「我孫子」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内


中央学院大学(私立大学/千葉)