• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 愛知
  • 至学館大学
  • 他の在校生レポート一覧
  • 手本となるプレーや言動を心がけ先頭に立ってチームを引っ張っていく。

手本となるプレーや言動を心がけ先頭に立ってチームを引っ張っていく。

弘前学院聖愛高等学校
蝦名郁美さん
女子軟式野球部

「元女子プロ野球選手の鈴木監督の下で野球がやりたい」「チーム全体の雰囲気がいい」。そう感じて至学館大学への進学を決めた蝦名。毎日の練習で野球の技術が磨かれたことはもちろん、時に厳しい言葉も投げかけてくれる先輩のおかげで人間的にもひと回り成長できたと話す。「自分にとっての当たり前が、他の人にとっての当たり前とは限らない」。そのことに気づかされ、改めて思いやりの気持ちを持って仲間と接するようになったことで信頼関係が深まった。今年3年生になった蝦名は「自分が先頭に立ってチームを引っ張っていく」と覚悟を表す。2015年のチーム成績は春と秋の大学選手権で準優勝。めざすは頂点だ。

MY CAMPUS LIFE
将来に生かせる学びが充実。
女子硬式野球部の活動に全力を注ぐ私にとって、授業は気持ちを切り替えるいい機会でもあります。特に興味を抱いたのが「スポーツ心理学」です。スポーツをしている時に発した言葉と心理状態の関係を理解することができ、スポーツの指導をする上で役立つと感じました。こうして学んだことを生かし、将来は至学館大学の女子硬式野球部の指導に携わりたいと思っています。
至学館大学(私立大学/愛知)
RECRUIT