• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 至学館大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 真木 早織さん(健康科学部/管理栄養士)

子どもの頃から、家族でお世話になってきた病院です

先輩の仕事紹介

医師や看護師と一緒に、栄養状態の悪い患者さんへの栄養療法をサポートする専門家

管理栄養士
健康科学部 栄養科学科/2016年卒
真木 早織さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、渥美病院のNST(栄養サポートチーム)の一員として働いています。NSTとは、患者さんに最適な栄養療法を提供するために医師や看護師など多くの専門職で構成された医療チーム。通常の管理栄養士よりも、さらに患者さん一人ひとりの病態に即したサポートを行います。私たちが担当する患者さんは栄養状態が悪い方が多く、リハビリさえできない方もいらっしゃいます。そして私たちが定期的にサポートすることで、少しずつ回復する様子を見ると、とてもやりがいを感じます。とはいえ、私はまだまだ分からないことばかり。これからは栄養のことだけでなく、もっと医療や看護、さらに薬剤のことなども勉強していかなくてはと思っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私は愛知県の田原市で生まれ育ち、幼い頃から家族みんな渥美病院のお世話になっていました。料理好きで部活動を頑張っていた私は、高校の担任の先生からスポーツ栄養士という仕事について教えてもらったことが、至学館大学を知るきっかけとなりました。さらに管理栄養士を調べていくうちに臨床現場で働きたいと強く思うようになりました。そして、どうせ働くなら地元唯一の総合病院である渥美病院がいいと思っていたのですが、大学3年の冬に同病院で実習をさせていただいた時に「次年度の採用はない」と聞き、すごくショックでした。それでも翌年、偶然管理栄養士に欠員ができて採用していただき、家族も喜んでくれました。

栄養以外にも病気のことなど、いろんな勉強をしたい

学校で学んだこと・学生時代

大学では臨床栄養学を専攻。入学前のイメージでは「調理を学ぶのかな」と思っていました。もちろん病院で仕事をするためには調理の技術も必要ですし、学校でもきちんと勉強します。でも、それ以上に病気や人体の構造など、かなり医学的な内容を深く学ぶことに驚きました。私は文系出身でしたから、最初のうちは医学的な内容の理解に苦労しました。管理栄養士の資格取得に向けて本格的に勉強を始めたのは4年生の夏頃から。毎朝、必ず8時45分にゼミ仲間とゼミ室に集合し、みんなで黙々と勉強しました。一人ではモチベーションを高く保つことが難しいので、こうしてみんなで一緒に頑張れたことが合格に結びついたんだと思います。

患者さんの毎日の献立を考えるのも私の重要な仕事

真木 早織さん

JA愛知厚生連渥美病院勤務/健康科学部 栄養科学科/2016年卒/就職活動中、一時は諦めていた渥美病院から管理栄養士の募集があると聞いた真木さん。面接の席で、自分が地元出身で、子どもの頃から家族みんながこの病院でお世話になっていたこと、地元の人のために働きたいことなど、「地元愛」と「病院愛」を猛烈にアピールして夢をかなえた。入職から3年目にNST専任の管理栄養士に。今では医師や看護師らと一緒に定期的に病棟を回り、患者さん一人ひとりの状態に即した栄養療法の実践に取り組む。管理栄養士の勉強をして良かったのは、仕事でのやりがいだけでなく、家族の体調が悪い時に、管理栄養士としてアドバイスできることだと話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

至学館大学(私立大学/愛知)